※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

いもけんぴ 作詞/一(にのまえ)

平等なんて嘘つくな
不条理なのは知っている
産まれた時からそうだろう
見えない線にからまって
皆 不自由な思いしている
貧富 差別 病 孤独 恐怖
笑っていられるのも 一瞬さ
力が上から降ってくる
僕を不幸に追いやったのは誰だ
僕がこの手で殺してやる
いもけんぴ で 脳髄を
いもけんぴ で 突き刺して
いもけんぴ で 串刺しに
世間は僕に嫌な思いをさせる
そうさ これは復讐さ
いもけんぴ で 脳髄を
いもけんぴ で 突き刺して
いもけんぴ で 串刺しに

(このページは旧wikiから転載されました)