※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

浴葬 作詞/にゅる

海岸通りは雨 雨 雨
遠くにぼやける貴方の背中 見えなくなって
こんな結末なら 分かっていたはずなのです
だから涙は出ないわ 強がってないわ 本当よ
冷えた体を 温めてくれるのは
シャワーなんかよりも ただ貴方の腕の中であれば
今夜も外は雨 雨 雨
浴槽の中で今では
自己愛の仕方を覚えました
海岸通りを歩いてみれば
似通ったあの人の姿が
だけど幻だと疑ってしまう
恋愛映画とは違うんですもの
浴槽の中でアタシは
全て捨て去る覚悟です
忘れてしまうことよりも
こうした方が楽ですもの

(このページは旧wikiから転載されました)