※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夕焼け小焼けのうた 作詞/にゅる

婆ちゃんと歩いたジャリ道を今独りで歩く 嬉しいことも悲しいことも全部詰まってる散歩道
あの頃僕はまだ小さくて歩幅だって狭かった 今なら婆ちゃんの靴の跡も越えるくらいだ
止まったままの時計 夕焼け空の下に置いて
無くなったものもあったけど 手にしたもの無限にある
真っ赤に染まった空と思い出す婆ちゃんの声 「人はいつかこの空を見上げ、帰っていくんだよ」
夕焼け小焼け また明日も晴れるかな
婆ちゃんが帰っていった空を…僕は、今独りで見ていた

(このページは旧wikiから転載されました)