※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

粉雪 作詞/49スレ167

去年のこの日の晩                 去年のこの日の晩
通りを歩いてたら                  僕たちは初めてデートしたんだ
11月なのに粉雪が降って             チンピラに絡まれていいところ見せようと
僕たちを驚かせたっけ               初めて喧嘩したんだけど結局ボコられたなあ
あのときと違って僕は一人で歩いてる      彼女は無傷で済んで良かったけど
空は曇りで 今にも雨が降り出しそう      俺は2対1だから不利なんだって
孤独な気分で 昔を回想してる          必死に言い訳してた
ああ今日も去年のこの日のように        去年のこの日の晩
粉雪でも降らないかなあ              いつの間にか粉雪は牡丹雪になって
初めての彼女はいつの間にか居なくなって  積もりにつもって
そして家族とも離れて               僕たちを驚かせたっけ
友達もまだ出来ないよ
                             そんなことを考えてたら顔に冷たいものが当たった
                             輝く光の粒
                             空を見上げると雨が降ってた

(このページは旧wikiから転載されました)