※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

流星群 作詞/つまだ

A)まるで僕のことを 吸い込む宇宙(そら)の海
その中で ふいに キラリ
星屑が 流れていく
B)願い 一つさえ叶えられない 刹那だけど
必死で 唱えるなら
降りそそぐよ 流星群
S)飛ばした一人の願い
未だかつてない光
僕の目を 眩ませた
ここ一面に尾を引いたよ
飛ばした一つの思い
未だ消えぬこの闇に
輝いて 掻き消した
ここ一面を照らしたよ

(このページは旧wikiから転載されました)