※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏至の陽炎  作詞/つまだ(627スレ328)

それはどうか乞うようにただ
何度も願いつづけていたのに
すぐに終わりを迎えて消えて
今日が最初で最後になった
猛暑が過ぎ去れば今年も
なんだか少し寂しくなって
君がいった言葉の意味を
僕はひたすら繰り返すだろう
白い白い光の先で
夏至の君が揺れた陽炎
僕は今も追いかけたまま
此処を動けない
嗄れた声では
泣けやしないだろう この命
ゆめゆめ眠るよう
やるせない日々を 過ごしてく
薬指ですりこむように
心を馳せて夢をみていたい
白い白い光の先で
夏至の君が揺れた陽炎
僕は今も追いかけたまま
此処を動けない