※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ある日の月明かり  作詞/hachio(627スレ177)

街灯 ふたりで 歩いた初めての道
夏の夜のにおいが するね、と
少し寂しいキミの横顔
手を握ったときは ちゃんと握り返して
涙が零れないように 悲しみ抑える背中が寂しい
自転車ずっと月の道を走っていこうか
夜に咲いた 赤い花びら 終わりに咲いた 青いはなびら
いびつに 咲いた 花も綺麗だと キミは言った
祭囃子も もうすぐ こだまする キミの笑顔ずっと 見ていていた
線香花火が落ちる前に 言いたかった
月明かりの道は 手を繋いで 
今度は迷わず 家まで送るよ