※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

(56スレ47-48)  作詞/56スレ47-48

1.
丁度去年の今頃僕は君に出会った。
偶然という名の出会いで。
僕は君を知りたいけど君は僕に興味がないんだ
どうしよどうしよどうしたらいいんだぁ
そうだそうだこうすればいいのさ
S)僕はあなたに夢中光の光線を出すのさ
でも君はあの人に夢中
僕はなんてだめなのさ僕は今日も一人
そんな事考えていた去年の今頃の話
2.
年月は過ぎて今年の春
ルンルン気分でお花見へ
桜を眺めていたら視線に君がカットイン
どうしよどうしよ話しかけようか迷うなぁ
そうだそうだこうすればいいのさ
S)奇遇だねと話しかけた
冷静な割りに心臓ドクドク
僕はなんてだめなのさ僕は、あがり症
そんな事思っていた今年の春の話
こんな僕に君は微笑んでくれた一緒に遊んでくれた
S)僕はあなたに夢中光の光線を出すのさ
でも君はあの人に夢中
でもそんなの関係ない僕は勇気を出した
そんな事思っていた今年の春の話
僕の隣に今君がいる
※修正 無題(56スレ47) 作詞/不明 → (56スレ47-48)  作詞/56スレ47-48

(このページは旧wikiから転載されました)