※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

抱擁  作詞/まらいあ(規制用3スレ312)(転載622スレ476-477)

そのふっくらとしたウエストに
手を回す そのまま手を這わせて
肩甲骨まで持っていったら
君を抱きしめていた
後頭部の辺りで
髪をくしゃりと掻き揚げて
そっと抱き寄せたら
君は僕にすっぽりと納まった
何を感じていたのだろう
何を思っていたのだろう
君はただ無言に徹して
しばらく黙っていた
何を感じたのだろう
何を思ったのだろう
君はそのうち僕の背中に
腕を回して 僕に顔をうずめた
時間が過ぎていく
止まれば良いのに
このまま凍ってしまえば良いのに
そんなことを君も思っていれば良いのに
僕はもう膝ががくがくしそうだ
そのうち君は寝息をたてる
ああ 凍ってしまえば良いのに
そんなことを君も思っていれば良いのに