※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

楓  作詞/まらいあ

ほら そうやってたとえ話ばかり
説教が好きな奴だなあって
それくらいにしか 思ってないだろ
君に送る素敵な比喩を
種が好きだ つぼみも好きだ 芽も好きだ 花も好きだ
結局何が言いたいのって なにもかも好きだということ
葉っぱは枯れて散っていく季節 比喩もありきたりでとても稚拙
だけど一生懸命 君のため考えたんだ 変であたりまえ
肌寒くそれでいて温もりあり きっと君が近くにいるよ reary?
楓の落ち葉だって 風が来たらふわりと 舞い上がるし
ほら そうやってたとえ話ばかり
説教が好きな奴だなあって
それくらいにしか 思ってないだろ
君に送る素敵な言葉
綺麗だねってカマかける だけど予鈴が鳴ってずっこける
なんてタイミングだ 会話グダグダ 紅葉より真っ赤になる僕
君はクスっと 笑ってスッと 屋上のドア あけながらそっと
僕に囁いた「ありがとう」 片目瞬いた 僕卒倒
涼しさ肌にしみる一日中 だけど温かいからI need you .
楓の葉っぱだって 秋が来たらがらりと 赤くなるし
ほら そうやってたとえ話ばかり
説教が好きな奴だなあって
それくらいにしか 思ってないだろ
君に送る素敵な想い
伝えたい君にI love you . でもふがいない僕は弱音を言う
思ってるいつもI need you . そりゃあもう本当に一日中
I vow to love you everytime . 愛 没頭ですよ 笑みみたい
わかってる わかってるんだ 言う気はある でも勇気が無い
ほら そうやってたとえ話ばかり
説教が好きな奴だなあって
それくらいにしか 思ってないなら
君に送るのはI love you .