※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

心奥鬼哭ヶ丘  作詞/無楽

山より鬼が来たる
人里に来たる
寂しきに潰され 
心も鬼となる前に
手を差し出し戸を叩く
ただ一言 温もりを ただ一人の 温もりを
曼珠沙華の花言葉 奉り鬼が哭く
この胸に鬼 棲まう
奥深く棲まう
あの日より庵で 
誰の帰るを待ちながら
ひと夜過ぎるに灯篭を
灯して哀れ 誘おうと
涙ながら 立ち尽くし 日が落ちれば 泣き濡れて
曼珠沙華の花言葉 呟いて鬼が哭く
鬼が哭く