※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏の終り 作詞/一(にのまえ)

上空を行く 飛行機雲の中
飛んでいた夏だった彼女は死んでいた
蚊取り線香の匂いに包まれて
畳の上で彼女は死んでいた
綺麗な人形の様に硬くなって
息もしないで存在していた
弾けた雲が上空を漂う夏色の雨
湿気を帯びた空気がこもる部屋の中
夏休みは 気付いたら終わっていた
秋風もすぐに吹くような陽気に
笑って嘘を誤魔化した貴様は夏に置いていかれた
イカレた彼女は死にました
停滞 湿気 上空の雲
死に人形 笑ってとぼけた貴様
秋は直ぐそこに立っていた

(このページは旧wikiから転載されました)