※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

春風  作詞/568スレ102

駅裏の公園を桜が染めていた
僕は春風とペダルを漕いでいた
一周遅れの季節を迎えた僕は
もうなにもかもを許していたんだ
懐かしさとそれを超えた匂いが
どうしようもないくらいに恋しい
さわやかな風に不釣合いな僕
だけどなんだか気持ちがいいよ