※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

根っからの根暗  作詞/568スレ96

いつも作り笑いばかりしてんだ
いつからか作り笑いが癖になってたんだ
誰かが誰かを非難してたら私はそれに同意しかしないんだ
少しでも同感できるとこ探すんだ
そう思ってなくても私は人に合わせるしかできないんだ
できるだけ嘘はつきたくないのに
いつの間にか自分に嘘ついてた
臆病な私は家に帰って毛布に抱かれてさめざめと泣くんだ
Ah I want to shut myself up for a long time in the house.
A smile need not be forced if it does so. It might be wonderful.
優しくないから、冷たいから、
正直他人がどうなろうと知ったこっちゃない
誰かが悩もうと傷つこうと、その苦しみは本人にしかわからないし
無力な自分がどうこうできるとも限らないしめんどくさい
だから関わりたくない
なにも感じたくない
だってだってそっちの方が楽だって
そう言って私は逃げたの
自分を庇うのに必死になってたの
傷つくの恐れてたの
金魚は慰めてはくれないの
でもでもそんな弱虫にも世界は優しかったの