※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

エイプリル・フール  作詞/567スレ31

見慣れない空 果てなく続く
この部屋と同じ 匂いの街へ 
目蓋の向こう 影を見つめる
桜の香りが 遠く響いた
卒業式の後 二人きりの教室
笑顔で「またね」と 手を振り合って
自分の気持ちに 嘘をついた日
今日からの一年に 思いを馳せていた
自分の気持ちに 嘘をついた日
昨日までの自分に サヨナラを告げた