※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

博多  作詞/松本吉田

木枯らし響いてた春吉橋で
君は最後まで物憂げだった
人ごとのような中洲の賑わい
どうしてもあの日に帰れない
駅前でギター掻き鳴らしてたころが懐かしいよ
追い山のように激しく通り過ぎてしまったけれど
今夜は遠く離れた街で君を思い出してる
そして青春の故郷に想いを馳せている