※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

カントリー・ロード  作詞/タケノコムシ

遠い所へ行こう どこか田舎に行こう
お気に入りの本だけを持って 誰にも告げず
ひっそりと一人で 旅に出よう
片道切符を買って 乗り込む三両編成
箱形の席に座って ゆらり眠りに落ちる
目覚めたとき 前に乗客 背筋がぞくり
いつのまにか日は暮れて 着いた先は無人駅
降りたのは僕だけ なんだか不安で振り向いたら
列車は夜の闇に消えていて 虫の声だけ耳に響いた
夜の道を歩く 誰もいない田んぼ道
月の光と 蛙の鳴き声だけが そこにはあって
なんだか夢の中をさまよっているようだったから
ふとした瞬間 僕は闇に溶けて なくなった