※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

笑般若(わらいはんにゃ)  作詞/無楽(527スレ35)

闇の広場に囃子の音に
輪をつくる影の 中に舞う鬼
そそぐ灯りを赤とうつし
笠に隠した角のありかを
探す為にさぐる袂 声を漏らす人の形が
この心 引き裂いて笑う
頬の紅を 灯りのせいと 背をむける赤鬼
魔性と言うはかわいらしく もてあそぶ
紙風船 ふわり
月影に浮いたあぜ道ゆけば
髪の黒を背に 闇に溶ける鬼
夜風に騒ぐ木々が囃して
胸に隠した牙のありかを
あばく為にめくる裾 顔を伏せる人の形が
この心 踏みつけて遊ぶ
凛の横顔 月のせいと 手をつなぐ青鬼
淫らと言うはかわいらしく かざしてる
風車 からり
かざしては もてあそんで 突き放した君
好きといえば笑いながら 袖を振る
そんな鬼が ひとり
そんな鬼が ひとり