※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ながいゆめのなかで  作詞/うんこマン

もしも明日が訪れず 今日に終わりがないのなら
僕はいったい何をする? 少しばかりの酒を肴にして
歩き疲れて陽も暮れて 夜には布団に包まって
僕は今夜も夢を見る 少しばかりの酒を肴にして
君と僕はいつからか 会話をなくして遠くなる
ながいゆめのなかで 懐かしい日を見かけたよ
もしも昨日に戻れたら 僕は過ちを繰り返さない
たとえ夜が繰り返したって 僕の空はあの頃のまま
すべては時間と共に 姿かたちを変えてしまうから
街を君が歩いていても 気付きもしないですれ違う
君と僕はいつからか 会話をどこかに置き忘れたまま
ながいゆめのなかで 懐かしい日々に手を伸ばす