※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

テーマはおでん  作詞/483スレ16

思い馳せる4月の桜が 散らした恋さ
あの日 寒がりの君が溢した 初めてのわがまま
僕らの仲そのままのおでんの 罪と罰
君の唇に奥に運ばれた 1つの卵 聖夜の夜の熱を孕んで
「あれ、なんか熱そうに食べてるときロナウジーショじゃね?」
アンチサッカーの僕と 名プレイヤーの君
僕達の殻はひび割れた