※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

冷たい風に流されて  作詞/にんぢん

誰にも見えない 鎧を着けて そんなに強くなってもないのに
脆い塔にすがり付いたまま 今夜も夜はふけていく
忘れないで こんな自分がいたことを どんなに嫌いな奴だとしても
頭の中には居させてあげて 居場所がないと消えてしまうから
隠さないで こんな世界があることを どんなに無駄な事だとしても
心の中には創らせてあげて 気持ちが無いと消えてしまうから
私は一人 雑踏の中 纏った衣装はみせかけだけど
これでも強くなれるから 弱い自分は隠せてたから
探さないで こんな私がいたことを どんなに馬鹿な人だとしても
頭の中から追い出してよね 居場所が欲しい訳じゃないから
見つけないで こんなところが在るなんて どんなに駄目な事だとしても
心の中には残さないでいて 暖かさなんか必要ないのに
誰にも見えない 気持ちを纏い そんなに変わっていてはないけど
昔の星に泣きついたなら そのまま夜が更けていく
忘れないで こんな自分がいたことを どんなに嫌いな奴だとしても
頭の中には居させてあげて 居場所がないと消えてしまうから
隠さないで こんな世界があることを どんなに無駄な事だとしても
心の中には創らせてあげて 気持ちが無いと消えてしまうから