※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

姑獲鳥(うぶめ)  作詞/無楽

身まかるを境に
その執心 ただひとつ
腰の赤が 唯一の化粧
子を愛でるを夢に見て
夜な夜な鳴くが 生のなごり
抱いておぶり なでてあやし
母なるを幸と思い 手塩にかける
これをただ夢とする
赤と黒の衣の中 抱き続ける
その心 この者となり
丑三つ時 足音なく
手を引くを幸と思い 望みを託す
これをただ夢とする
ただ夢とする ただ夢と