※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

パラグライダー  作詞/465スレ16

皮膚を切り裂くような 凍りついたブルーに
しがみついてみたんだ キミが出ていった朝
皮肉に満ちた宿命さ
街路樹が 喧噪が 渋滞が 街並が
地上を歩くボクたちの
素直さと 温もりと 果てしない 未来まで
消したんだ 隠したんだ
分かるかい 見えずとも 愛はある ここにある
見えぬなら 高らかに 空を舞う 鳥になろう
空を見上げてよ ボクをさがしてよ
小さな背中想っては
風に乗り 舞い上がる 帆の先を うならせて
ハートの奥の高度計
遠ざかる 距離だけを こんなにも 叫んでる
キミのこと 求めてる
分かるかい 見えずとも ボクはいる ここにいる
見えぬなら 涙ごと 洗い流す 雨になろう
空を見上げてよ 虹を架けるから
分かるかい 見えるかい ボクはいる ここにいる
分かるでしょう? 見えるでしょう? 愛はある ここにある
空を見上げてよ そこに降り立つよ
空を見上げてよ 愛を届けるよ