※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

トリカゴノオトコ  作詞/452スレ120-121

「酒だ!酒を持ってこい!!!」
男の叫び声 怯える召使
「どうした!酒はまだか!」
殴り飛ばす音 崩れ落ちる音
「嗚呼・・これが貴族と云う者なのか・・・!」
この胸の奥のこの思いを
どうすればいいのだろう
迷い 迷い流れていく時
また一人 また一人崩れていく
嗚呼コレが僕の望んだ
世界の住民なのだろうか
それともこの男は この世界の害悪なのだろうか
どちらでも良い
どちらでも構わない
僕の思いはただ一つ
この思いに従うだけ
この胸の奥のこの思いを
さぁ 今 解き放とう
迷い 流れていく時は終わりだ
もう誰一人として崩れさせはしない
白銀の剣を背負って
漆黒の衣に身を包んで
黒と白の交錯する思いを 
今 解き放とう
「酒はどうした・・・」 「お酒ならば・・・こちらに。」
「おお、早く出せ・・・うぐっ?!」 「今夜のお酒は 良く回ると思いますよ。」
「ぐっ・・・貴様・・・!」 「どうぞ・・・ご主人様・・・おやすみなさいませ。」
紅く 紅く染まる白銀の剣 
黒く 黒く染まる僕の心
白く 白く染まる僕の思い
ああ これが 答えなのだろうか
正しくてもいい 正しくなくてもいい
これが 僕の答え