※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

君への歌  作詞/446スレ20-21

つかれた?そうだね。目の前の壁のぼることが
がんばる?そうする。僕じゃなくなる気がするから
みんな、僕を見て。僕は疲れてるよ。もっと、僕を見て。僕は頑張ってるよ。
同情するなら金をくれ?違う。金ならいらない同情してくれ。
黙られる=嫌い。ほめられる=好き。けなされる=ブルー。嫌われる=不安。
おつかれがほしくて、ほめてほしくて、そのことばで笑顔になりたくて。
いやな人間だね。ごめんね。でも僕は僕が大好き。
ただ抱きしめて、愛を教えて、さみしいからか手先つめたくて。
よわい人間だよ。なんてね。なきたくてただ言ってみる。
布団に入りたい。寝たい本気で。楽しい夢みたい。期待感来て。そんな自分が嫌いになってきた。
ねむたい_そうだな。やることあるとすぐそれでさ
どうする_どうしよ。寝ちゃうわけにもいかないしさ
睡魔、やってきた。僕をのっとる気か?駄目だ、どっと来た。僕はばったり倒れ。
掃除をするなら昼にやれ。基本。これからいらない妄想してくぞ。
告られるくらい、解け合える隙。好きでいる、狂う、壁割れる不安。
ほほえみがほしくて、かまってほしくて、その笑顔をいっしょに真似たくて。
ばかな人間かな。へんだね。まだ僕は君が大好き。
ただ抱きしめたい、愛を感じたい、手を握って、ぬくもりをもとめて。
ぼくは人間かな。へんだね。あたたかさ、いま、求めてる。
君を抱きしめたい。「愛してるよ」と。一緒に笑いたい。「幸せだね」と。
幸せってなんでしょうか?おいしいものをたべること?
幸せってなんでしょうか?つかれたときにねむること?
幸せってなんでしょうか?いとしいひととわらうこと?
ぼくにはおそらくきみがしあわせなんだとおもいます。
そのしあわせをもとめるぼくはつみなにんげんですか?
こんなにうたったってぼくのこえはきみにとどかないのに
本当はもっと長いけど省略