※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

(無題)  作詞/440スレ5

「ギャ!グッワ!待て!待つのだ雑種!」
ギルガメッシュは、叫んだ。
「許せ!我はセイバーが欲しかっただけなのだ」
「体は剣で出来ている!血潮は鉄で心は硝子!」
士郎はかまわず殴り続ける。
「ヒッー!助けろー!助けろー!」
ギルガメッシュが悲鳴に近い叫び声をあげた。
「幾たびの戦場を越えて不敗!」
士郎が叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
ギルガメッシュの血があたりに飛び散った。士郎のコブシも血で染まっている。
「ただの一度も敗走はなく!ただの一度も理解されない!彼のものは常に独り 剣の丘で勝利に酔う!」
士郎の形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、セイバーも凛も言葉を失ってしまっていた。
思わセイバーが言った。
「シロウ!それ以上やると死んでしまいます!」
「ガッシ!ボカ!」
士郎には、まったく聞こえていない。ギルガメッシュも失神したのか動かなくなった。
「故に、生涯に意味はなく!」
セイバーが叫んだ。
「その体は、きっと剣で出来ていた」
凛が後ろから士郎を押さえた。