※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

空に落ちる  作詞/438スレ66

部屋の隅で膝を抱える 小さな世界に絡まっていたいんだ
頭の中で腫れを掻き毟る 分厚い殻に圧し殺されたい
今日も耳の裏から聞こえる声に惑わされるんだ
明日もピンク色が叫んだ声に震えるんだ