※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

満月の夜にでもサンボしないか  作詞/ヌルポッ

土管くりぬいた 特等席
中で寝転んだ 差し込む月光
ジューシーに焦げ 溶け落ちる欲望
遠くに響く秋草の擦れる音 破壊への衝動
地面から這い出る 白骨死体
今日は満月 受肉の日
骨から肉を剥ぎ取って
満月の夜 散歩しようか