※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

本棚と金  作詞/あくし

真夏の低い低い雲と
真夏の暑い暑い空と
田舎の古い古いバスの
田舎のボロいボロいバス停
そんなセピアの思いの
一冊のアルバム
そんな暗い臭い部屋の
本棚の裏で発掘
そんなことよりおじさんの
金玉の裏がちょっとかゆい
二つあげよう なんてったって
おじさんの金の玉だからね