※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

恋ガラス  作詞/つまだ

変わりゆく季節の真ん中で
君の居た景色を思い出す
錆びた音に
揺られながら
指先が冷たくなるまで
電車の音が遠くで鳴って
懐かしい気持ちに僕はなる
伝えたくて
わからなくて
沢山も無い
選びきれない
言葉を抱いた君との日々
茜さす帰り窓ガラス
君はいつも窓の中に居た
振り返るそこに目が合えば
世界はもう別れたあと
僕が恋してた窓ガラス
君にはどう写っていたのだろう
かじかんだ手を温め歩く
今日もひとりの帰り道