※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

虹は虹色  作詞/おちんこまんこ

雨上がりの坂道から転げ落ちて
僕は空を見上げた虹が出ていた
虹色の歩道を滑り進んでたら
茶褐色の涙が溢れこぼれた
とかげみたいな鳴き声が聞こえる
彼はまるで明日の僕のようでした
街には黄色い風が吹き込んでいた
僕には見えない世界がひろがる
空には虹色の橋がかかっていた
僕には見えない世界がひろがる