※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

君はポッピスト  作詞/420スレ467

朝もやの中で 君と出会ったんだ
どこか眠そうで さえない男さ
そんなこと言って 笑い飛ばしたんだ
僕も人の事 いえないけれどね
振り上げる手に合わせて
虹が落ちる 光が踊る
ああ なんてポップなきらめきが
君を包んで
君はまるで ポッピストなんだね
路上でぎこちないダンス 踊ってるんだね
だから僕も ポッピストになるよ
一緒に 踊ろうよ なんて勢いで言ってみたけど
正直朝っぱらから渋谷とかのスクランブル交差点でロボットダンス踊ってる二人組とか
やばいっていうかエンターテイナーにもほどがあるから君が踊っているのを少し離れた
所からじっと眺めていてあげるよ  さあ  さあ!!!!