※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

けりな  作詞・作曲/無楽(419スレ64)


移りに 移りに 移りにけりな
眺めせしまの 華の色
古の詠に今を重ねて
無意味と泣いた秋の夜
けれど一つ今昔に
人を恋をと諭すもの
身を飾るのは すべからく
事のはじめであることを
移りに 移りに 移りにけりな
眺めせしまの 華の色
袖にと 帯にと 咲いて誇れば
春よ来いとは 泣かずかな
縁を描くは 四季のさだめで
無限と泣いた その心
またと巡る春の世に
舞える桜が告げるもの
身を飾るのは すべからく
事の終わりであることを
移りに 移りに 移りにけりな 
眺めせしまの 華の色
袖にと 帯にと 咲いて誇れば
春よ来いとは 泣かずかな

音源