※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

舞い風  作詞/ものぐさ大臣

夜明けの残像 胸に残して
風に乗った真実
光を残して 消え去って
消えた未来追いかけて どこまでも歩いていて
何も見えないはずなのに 明日が見える気がした
風の向こうに 見えた真実も
夕焼け空に消えて
夢を掴んだ 感覚で
なくした夢を追い求め 空を超えて探してて
光る金色の月を見て 運命の扉開けた
夜が明けた 瞬間に 風に乗った真実
君の待ってる 方向へ
透明な光 聞こえた過去の音 明日すら見えない
感情のまま 進んでく
信じるものがないとしても
どこに行けば会えるかわからない
どこにいても会えるかわからない
風が吹き抜け 未来を見せたら
夜明けの残像 胸に残して
風に乗った真実
光を残して 消え去って