※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏の寒い朝  作詞/406スレ214

朝起きたら寒かった
あんなに暑かったのに
裸で眠っていたのに
凍えてしまった
僕はそのまま凍え死ねばよかったと呟いた
それくらい僕は人生を呪っている
今日という日がこなければよかったのに
まだ暑い夏が続いてると思い込みながら
寒い朝を迎えずその前に死ねばよかったのに
社会に対する義務も好きな人に対する愛も
友情も思い出もくだらない言葉の塊も
全て置いてけぼりにして
責任を放棄してしまって
無責任に消えていければよかったのに
朝起きたら寒かった
あんなに暑かったのに
布団もかぶってなかったのに
風邪ひいちゃうよ