※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

花火色  作詞/400スレ447

八月の夏休みは懐かしい匂いがする
浴衣、扇子、神輿どれも美しい祭りのこと
金魚すくい、ゴムボール、わたがし、どれも懐かしい
夏を告げる蝉の声
夏の最後に光る花火
商店街に並ぶどれも懐かしいおもちゃ達
大人になった僕らも、楽しませてくれる
純粋な心になれる
祭りの最中に会った君は笑顔
茜空、茜雲、夕日、いろんな匂いがする
子供のころ、大人のいま、記憶の中、どれも僕じゃない
夏祭りの時だけ僕は「子供の今」になれるんだ
昔は「よかった」って
呟いた僕にふった手が頬にあたって
「今」も「昔」もかわってないって言ってくれた
子供のころでいれる、この時間さえも
終わってしまうのか
1分1分、終わりの時間が過ぎる
8時26分で止まっていてほしい、時計
どうせならこのまま一生子供でいたい、けど
終わりを告げる花火の音
夏の最後に光る花火
商店街に並ぶどれも懐かしいおもちゃ達
子供になった僕らも、楽しませてくれるた
純粋な心になれた