※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

雪の迷宮  作詞/りょっぴー(バーストライオン/399スレ187)

銀色を指でなぞるのは
自分自身を確かめるため
虚像と実像が交差する世界の中で
自分の居場所を探すため
指先で溶ける
雪は何色だろうか
指先に触れる
溶けた雪は二度と戻らないと知りながら
雪を眺めながら 墜ちる思考の渦に
ねぇ、雪兎の温もりに触れて
瞼を開いて
ねぇ、おはよう 見つめてる
蒼く広がる純粋な空
雪に触れながら 落ちる眠りの底へ
ねぇ、雪の布団に埋もれて
寒さを忘れて
ねぇ、さよなら 見つめてる
蒼に浮かぶ一つの雲
果てしない空の中の一つの欠片