※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

えりこ  作詞/おちんこまんこ

夏が来たらしいと娘がつぶやいたようだ
のり弁じゃなくてざるそばにすればよかったなぁ
夜が婆さんが捕獲した蛍を用いて本を読もう
はくちの爺さんは養命酒をすすりながら踊った
怖気づいたあの娘の乳首は申し訳なさそうに少し傾き加減で
いなり寿司をエロティックに口へ運びながら股をおっぴろげた
話声がセクシーじゃなくてババくさい清純娘
にわの鶏を〆ることが得意なさわやか娘
限度のないセックスを繰り広げる寡黙な少女
るーるるーるるーるるー