※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

散歩  作詞/無楽

歩みの音を夜に散らせば
あなたと並ぶ理由になる
体が冷めて心が火照り
頼りない足元を
甘える理由にした私
モミジの赤 頬の紅
混ざりあなたの顔がかすむ
だから繋ごう 手に心
唇の赤がタバコのように
闇に浮いて消えるのは
あなたと向かい合って
肩に手をかけて
引き寄せられる時だけ
おろした髪 秋の闇
とけてあなたの背が消える
だから寄せるは 手に心
この道の終わり 何をするの
聞きたくなる その心が
好きということ