※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

吊るされた男  作詞/日本語でおk

いつからだろう 時が歩みを止めたのは
いつからだろう 僕が歩みを棄てたのは
空は地と繋がれ 海は山へと堕ちる
暮れる日は月に蝕まれ 世界は僕を置いていく
誰の声も 何の色も 僕の息も 全てが狂う
死んだ時が 語りかける 僕の意味を 全てが透明
ここにいる 確かにいる 僕はいない 僕は何処?
僕がいる 確かにいる ここにいない 僕は誰?