※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルールシア帝国技術

  1. 魔法
  2. 魔法の行使
  3. マナ
  4. 地(土門)
  5. 水(水門)
  6. 火(火門)
  7. 風(風門)
  8. 光(陽門)
  9. 闇(陰門)
  10. 神(金門)
  11. 命(木門)
  12. 魔法の道具類

水(水門)@マナ


概要


液体に関わる魔法を扱います。

マナの混じった水溶液を制御します。
溶液から不純物を抽出して純水をつくりだしたり、液体の温度を制御する事も得意です。

生命のマナが強い場合には上手く働かない場合があります。



魔法として利用する場合、最低でも1%以上の濃度が必要で、連続した様々な魔法を行使する場合には、さらに高濃度にする必要があります。

また、1%の濃度があると、水中で一定の形状を保つ事が可能となります。

自然に存在する水の場合、場所によって濃度が全く違いますので、最初にマナの欠片を水に溶かして濃度を上げるか、周辺のマナを一箇所に集めて濃度を上げる必要があります。

水中のマナの移動速度は秒速5ミリメートル以下ですが、濃度が上がるにつれて、加速する傾向があります。
また、魔法使いの才能によって、一度に呼びかける事のできる範囲が違います。

濃度が50%超えた、3キロ以上の重さのマナは、使い魔として使役可能となりますが、維持するために、毎日数十種類の物質が、合計体重の10%程度必要となります。

一定以上の知性を持たせるためには、さらに大量のマナを必要とします。







-