※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


アンシブル Ansible


『即時通信装置』と呼ばれているが、実際にはゼロ時間ではなく、プランク定数に相関した一定時間のタイムラグがあると考えられている。つまり超光速通信装置である。
接続されていれば限りなく即時に近い通信速度を得る事ができるが、装置そのものは、ゲートを越えた場合、常に対になっている装置の相関性が壊れてしまうため、光速以下の速度で運ばなくてはならない。
また、この装置を利用していても、双方の時間の流れの差が大きな障害となる場合があり、それらは基本的に自動補正されるが、場合によっては補正不可能なほどの大きな障害、例えば通信の遅延や不連続化等が発生する場合がある。