※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルールシア帝国@ヴァイレサック

歴史


第六期


概要


暗黒神がその支配を広げた闇の時代。

その力の大半が失われていたとはいえ、神の力はあまりにも強大であった。
復活した暗黒神は、強大な不死の軍団を率いて少しづつ、着実にその支配を広げ、天空人の都市を落とし、生命の木を平らげ全ての命を飲み込み、数百年をかけて、中央大陸全土へと広がっていった。

人々は住む土地を追われ、都市を失い、それまで住む事がなかった、未開の大陸へと移住する事を余儀なくされた。

そして、この時代の終焉は、ある人族の英雄によって勝ち取られる事になる。
後にギルムンド・サガとして語り継がれる、英雄王オズ・ギルムンドの物語である。



ギルムンド・サガ

概要

海を越えた遥か辺境の蛮族の土地、ディータと呼ばれる大陸にある一人の男子が生まれた所からはじまり、成長の途中暗黒神の尖兵によって家族と住む土地を奪われ復讐を誓い、仲間を集め、やがて、遥か中央大陸の奥地へと向かう。
あらゆる種族の英雄やドラゴンとの交流の話や、神の使いとの対話など、様々な逸話を挟みつつ、物語は暗黒神の神殿へ潜入しあらゆる障害を乗り越え、五人の勇者がついに暗黒神の元へと辿りつく所で、クライマックスを迎え、たった一人暗黒神の迷宮から戻ったギルムンドを称えて終わる。