※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルールシア帝国経済


資産と運用


概要


アルールシアで売買可能な資産といえば宝石や貴金属のほかに、土地や商的な運営や経営権等、様々な権益が含まれる。

土地を持つことが出来るのは騎士を含む貴族(土豪等はほぼ自動的に準男爵等に含まれる)だけであり、貴族達の資産といえば領地からの税収(と、一部で養蜂や製塩など)だけであったのだが、近年経済的発展と共に、土地の利用権の売買もしくは貸借や、遠隔地での鉱樹林業その他、様々な資産の運用法が増えてきており、貴族の地位と生活、果ては軍事力にまで大きな影響を与えるようになっている。

アルールシアで最も一般的な資産運用法は、鉱樹類の植林事業(通常放牧などの畜産や通常の林業をを諦めなくてはならない)、水車の建設(一定の護岸工事と遊水地の建設や人口湖の建設等が派生する事が多い、一大事事業となる場合が多い)や、灌漑、埋め立て、都市の建設等がある。

特に、帝国の成立以来、各地で積極的に行われているのが街道と都市の建設である。
もちろんそれには莫大な費用がかかり、場合によっては交通量も人口の流入も足りずに赤字となって失敗する場合もあるが、農村部の余剰人口や、近傍の不労人口の吸収にも役立ち、確実な税収が見込める有望な投資手段として確立している。

一般的には有力貴族達が、領国における国家事情として行われる事が多いが、様々な経済的特権と引き換えに、商人からの出資によって建設される都市もある。

ミラ・サルナ公国において最も成功した例は、コカースニー自治領である。
コカースニー自治領は、元々商人達の出資によって生まれた都市であったが、建設途中で建設者の貴族が断絶し、紆余曲折の末商人達の自治領として成立しており、市民達は、ミラ・サルナ公国に対し、有事の兵力提供義務をもっている他は自治が約束されている。







-