カイリキー

No.068 タイプ:かくとう
特性:こんじょう(状態異常のときに攻撃が1.5倍になる)
   ノーガード(お互いの技が必中になる。あなをほる、そらをとぶをしている間でも命中する)
体重:130.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
入手可能ソフト:RSE/FRLG/DPt/HGSS/W
攻撃130族 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
90 130 80 65 85 55
55 130 115 50 50 75
105 130 120 45 45 40
65 130 60 95 110 65
70 130 100 55 80 65
90 130 75 75 75 55
106 130 90 110 154 90
60 130 80 60 60 70
65 130 60 75 60 75
108 130 95 80 85 102
110 130 80 70 60 80
125 130 90 130 90 95
↑種族値が鮫の下位互換なのか…ちょっと意外
↑鮫といっても紙耐久の方じゃないからな。
さすがドラゴンといったところか
↑↑↑勝手ながら獣を象に変更、モデルがマンモスだからこっちの方が伝わりやすいかと

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2) むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---


注意

※ウホッ!なネタ及び暗示的な性ネタ等は 容量確保&住み分けのため控えましょう。

雑談

ゴローニャは種族値上昇を得た。
ゲンガーはメガシンカを得た。
フーディンはその両方を得た。
そしてカイリキーは好手敵を得た。
↑図鑑説明的にルチャブルだと思ったのにホモネタですかい…

おれたちの ハイパー パワー うけてみるが いい! ウー! ハーッ!
でお馴染みのシバの切り札。
プロフィールで うぅーーー!! はぁーーーーー!! な感じで似たようなことができる

ニダンギル カイリキー ニダンギルで四刀流カイリキー!

WCS2013シニア世界決勝ではヘイデン選手の手持ちの1体として圧倒的な存在感を見せつけた
ワイドガードでの絶妙なサポートやDynamicなPunchでの混乱ばら撒きは実にお見事
↑ヒードランを完璧に守り抜いたのは恐れ入った。山本隊員も絶賛してたな。
↑↑ガチ戦のダブルでカイリキーを見ること自体珍しいのにしっかりと活躍させて優勝したんだから凄いよな

BW2のPWTでは格闘タイプのジムリーダー達全員がカイリキーを所持している(必ず選出されるとは限らないが)
さらには、チャレンジモード時の強化四天王レンブの手持ちにも加えられた(通常時の強化版ではチャーレム)
カイリキーは格闘タイプを象徴するポケモンなのかもしれないとつくづく思う(ネタ的な意味ではない)

もしマッハパンチやドレインパンチを覚えられたらローブシンに並ぶのだろうか?
と考えたがノーガードスカーフでの奇襲の可能性を考えるとローブシン以上に危険な存在になるかもしれないな

23-05957-07501
ちょっとこれを見てくれないか。
最初はノーガードだと思ってコータスで地割れをぶつけたんだ。だが外す。
なら根性かと思ったら……ラムのみを持っているじゃないか。
この時点で吹いたんだが、その後がひどかった。カイリキーがお空を…
↑文だけ見たら升かとおもってしまったじゃないか。

ポケセンでは、カイリキー のソフビ人形が販売されていたぞ!!
↑誰得だよ

BWにてついに「じならし」を習得!これでクチバシティにビルが建つぞ!!
↑ワンリキーは元祖じならし使いなんだっけな
↑↑しかし、金がないため皆さんの寄付がないと建たないぜw

進化前のワンリキーはポケダン赤/青主人公候補のお一人
そのお陰か高レベルのポケモンを集めた探検隊の「ゼロの島 北部」に当たるダンジョン
「西の洞窟」ではポケダン版トニオさんとほぼ同程度の能力を持つ凄まじい強敵と化している。
根性を発動させてしまった日には防御255ドーピングをしていない限り100レベでも生きて帰れるかどうか怪しい。

エビワラーと並んでパンチの名手・・・かと思ったら三色パンチやインファイトやバレットパンチはタマゴ技。
自力パンチ技は爆裂パンチだけ。挙句の果てに一番使えそうな連続パンチを覚えない。何故・・・・?
↑ポケスペのシバ曰く、カイリキーは「手刀」らしいぞ。
↑そういえばダイパの時代まではずっとクロスチョップがメインウエポンだったな。

こいつ、ベルトで力を抑えてるらしいけどベルトとったらどのくらい強いんだろうか
↑昔はカイリキーにベルトは無かったぞ。FR、LGのカイリキー公式イラストにはベルトがある。
↑ゴーリキーにはあるのに何でかカイリキーはあのボタン(?)みたいなのしかついてないんだよな
↑↑↑昔はゴーリキーがベルト外すとカイリキーに進化するって設定があったような
↑↑ポケスペではシバのカイリキーがハンデとしてベルトをつけていた。マチスが「進化し損なった」とかそんなこと言ってた気がする。
 しかも付けていた理由は「強すぎる力をあえてセーブしている」だった。

ちなみに初代の図鑑によると、2秒間に1000発パンチを打てるらしい。
1秒間に500発・・・本当に打てるのかどうかが怪しいんだが。
↑他の図鑑にはパンチ一発で山を動かすとかあったぞ
↑初代ポケスタでこいつを出した時のモーションでは残像が残る程のパンチを見せてくれていた。
まあその当時にはマッハパンチやら爆裂パンチなんて洒落た技は無かったがなw
↑↑↑パンチ一発0 .008秒とかw
↑俺がポケレンでポケモンを超速で囲むスピードよりも速いだとぉ!?
↑*5そんなに早く繰り出せるのにいまだにマッハパンチもれんぞくパンチも覚えないというミステリー。
0 .008秒でパンチを繰り出した際の摩擦熱はすごそうだな。もしかしてほのおのパンチの正体はこれか?
↑×6
1秒で125発のパンチを放つ1本の腕に注目する。
もしその速度がマッハ1なら、1秒後にはのべ340メートル程度動いているはず。
350メートルとして、1発あたり2.8メートル、
パンチのリーチはその半分の1.4メートル。
だが大抵のグラフィックをみると、カイリキーの腕は伸ばし縮めるの繰り返し、
いわば子供が我武者羅に腕を振り回しているような
『棒立ち状態からの体重のこもらない空パンチ』なのだ。
射程距離は腕の長さと同等であるから
人の体に近い(腕の長さ≒身長の半分)カイリキーはちょっと動きが足らん。
つまりマッハの速度は出せていないことになる。
腕1本だけでいいから体重をかけた渾身の1発のほうが
速度も威力も跳ね上がってマッハパンチにも近づけるんだがなあ。
見栄えが派手だからとかの理由で腕全部を使いつつ手抜きしてるんじゃ……。
↑平均速度で計算すればそうなるけれど、パンチの速度は一定じゃないんじゃないかとマジレス。
折り返し地点では一端速度0になる都合、最高速度は平均速度よりある程度速い事は確実
単振動みたいな速度変化なら、最高速度は平均の1.5倍ちょい出る。(多分単振動じゃないけど、そこそこ良い近似のはず)
腕の長さ≒身長の半分なら、身長1.6mのカイリキーの腕は0.8m程度、1パンチで1.6m拳が移動する。
1秒でパンチ125発出すなら、平均速度は200m/sになる。つまり、最高速度は丁度350m/s辺り、音速付近と予想される。
つまりは、マッハ1、ちゃんと出てます!
…力込めて一発殴った方が遥かに速くて強力そうなのには同意。
↑単振動じゃだんだん減速して敵にあたる瞬間に速度0になってカスパンチになっちゃうじゃないかw
パンチスピードは等加速度運動で速度が上昇し、パンチが伸びきる直前に最高速度、
パンチが伸びきった瞬間に速度が0になると考えるのが自然。
だから等加速度運動x=at^2の式にx=0.8, t=0.004(パンチが手元から伸びきる時間)を代入すると、a=50000 m/s^2だ。
v=atだから、a=50000, t=0.004を代入して、最高速度は200 m/sとなる。
マッハ1は340m/sだからやっぱり速度は足りないな。
↑という事で身長2mの大男カイリキーなら何とかなるという事で良いのか?所で、後ろ側の腕と前側の腕の長さが同じで良いのだろうか、後ろの腕相手に当たらないパターンが出そうなんだが…。
↑全部
現実世界の格闘技でも連続で拳を振るうことはあるが、決してカイリキーのようなパンチじゃない。
右でパンチ、その間の体のひねりを糧に左でパンチ、その間の体のひねりを糧に右で…という寸法。
やっぱりカイリキー氏には、殴る役と溜める役を交互に2本の腕に担ってもらって、
本気のパンチを繰り出してもらおう。左右に激しく振動するカイリキーは笑えそうだけど。
1本の腕で250発/秒という計算になるから、マッハ速度も自然と手に入る。

ちなみにいうとポケモンXDのとあるバトルディスクにレベル20のカイリキーがいる。(相手はレベル50のボスゴドラ)
剣舞2回積んで相手が穴掘るので地震で一撃・・・という内容だが、
攻撃2回積めばレベル50無振り数値を超えるので十分である。(穴を掘るという相手の選択もまずいと思うが・・・)
DPtではまず無理だが、金銀ではレベル14のゴーリキーが出てきたので、金銀では可能である。
金銀リメイクではどうなることやら…
↑そもそも剣の舞を覚えない。ちなみにバトレボだとつばめがえしを覚えたゴーリキーがでてくる
↑↑金銀でカラカラのタマゴを孵化してからピカ版に送り、育て屋の近くの地下通路の女の子相手にカラカラとゴーリキーを交換するとLv5のカイリキーが手に入るぞ。

HGSSではグリーンの手持ちとして登場。
しかし、長年お世話になっていたフーディンがリストラされてしまった。なんてこったい。
↑トリルにあわせたのか、ポケスペネタなのかは謎である。

名前つながりでここに書くけど、
技の「かいりき」が未だにノーマルなのは一体なんでだ
チョップはかくとうに変更になったというのに
↑かいりきはポケスタではむしろ岩タイプぽかったがw

パワートリックをすれば、 メタグロス以上の物理耐久!!
↑普通にビルドアップ積んだほうが早いけどなwww

昔コロコロに付録されていた漫画では、ルージュラの鉄棒の回転にやられるというみっともないやられ方を披露していた。
↑「サイコキネシスよ」→「うっそよーん」
↑「サイケ光線」じゃなかったか?

ちなみに登場人物はカイリキーやイワークでニンテンドウカップ98に出場するという、なんともいえない内容である。
↑ピカチュウも入れていたような気がする。

おいスゴいの見つけたぞ!58-31729-28922
↑これはだめだwwNNだけで腹痛いwww酷すぎるwww
↑↑見覚えあるなと思ったら俺が昔送ったやつだった・・・まだ残ってたのか。

何を今更な話だとは思うがかえんほうしゃとだいもんじの存在が謎すぎる。
たとえポケモンでも火を吹ける人型の格闘系ポケモンって怖すぎるぞw
↑ヨガフレイム的なモノなんじゃないかと思う。特性ヨガパワーのチャーレムは覚えないけど。
↑↑多分プロレスがモデルだから、レスラーの炎をふくパフォーマンスを模したんじゃない?
↑ガソリンを口に拭くんでライター翳して拭き付けてるんだよきっと。そんな事をせずとも鋼や氷は格闘技で殴ればいいというのがまた男らしい。

コロコロのポケモン漫画の作者こと、穴久保幸作氏お気に入りのポケモン(推定)。
単行本ではほとんどの巻で登場し、ある時は医者として。ある時は強盗としてと
非常に幅広い役柄を演じ切る名脇役である。
というより、この漫画の格闘タイプポケの出番は多く、格闘ポケ全般が好きなのかもしれない。
↑穴久保版は他にもオコリザルとか格闘兄弟辺りが良く出る気が
猿は2、3回しか出てないけど他のポケモンと比べると多め、三兄弟に至っては進化前のバルキーがレギュラー入りしてたしな
↑↑ピッピがアニメになった際アニメーターとして登場したカイリキーはキャラとして面白い上に展開も強烈だった
「うえええええええええええ」があまりに印象的

ニコニコでは絶対に弾けない曲(速すぎる、和音大杉etc...)にはよく、
『カイリキー呼んで来い』とか、『カイリキー専用』とか、腕が4本無いと無理という意味でよくカイリキーが引き合いに出されるが、
正直、カイリキーってピアノを弾けるほど器用には見えない・・・。比喩表現なのはわかってるんだけど
↑デスカーンの出番かな アイツはアイツで落ち着き無いから不安だけどw
↑寧ろ音楽得意そうなポケモンって誰だろ? 
ゴースト・エスパー辺りでいえばヨノワールとかサーナイトかな。
とりあえずチリーンは得意であってほしい。
↑クロスチョップもBOMANDAには無力である

あっちでも言われているが種族値がゴルーグの上位互換。
しかし対峙するとこっちがほぼ100%負ける
能力だけで強さが決まるわけではない好例である
↑互いに意地っ張りHA252だとカイリキーの冷Pもゴルーグの地震も確2。冷Pは割と採用率が高いから100%負ける訳ではない。

くすぐるを遺伝させる場合ゴチム♂とワンリキー♀という合わない性別でタマゴを作る破目になる。
Mr.Mime「実は私も進化前の時に覚えるんですよねぇ・・・ついでにアンコールも同時に受け継がせる事が可能でっせ」

第3世代からものまねを覚えたカイリキーを連れて来ればカイリキーのほっぺすりすりが見られるぞ!

ゴーリキーのNNを「アヤメ」にしてるのは俺だけじゃないはず
↑最近この手のネタよく見るなw

NN「かわしま」 byフランス
↑カロス地方のモチーフはフランスだそうです。といってもこのネタ誰も覚えてないだろ。

さて最近発表された「フェアリー」タイプ、
はたしてカイリキーにもつくのか?
↑残念、つきませんでした。

微妙に実用性ある型をポケ録に移転

型考察

シバ型

性別:♂
レベル:58(初代)、46(第二世代)、50(ポケスタ)、68(FRLG)64(HGSS)
特性:ノーガード
持ち物:ポケスタ金銀表、ピントレンズ。裏せんせいのツメ。FRLGオボンのみ。強化後キーのみ
赤緑青    :じごくぐるま/にらみつける/きあいだめ/じわれ
ピカチュウ  :じごくぐるま/にらみつける/からてチョップ/かいりき
ポケスタ2表 :じごくぐるま/ちきゅうなげ/からてチョップ/はかいこうせん
ポケスタ2裏 :じごくぐるま/ちきゅうなげ/じしん/はかいこうせん
金銀水晶   :クロスチョップ/みやぶる/あてみなげ/いわなだれ
ポケスタ金銀表:クロスチョップ/ちきゅうなげ/じしん/かいりき
ポケスタ金銀裏:クロスチョップ/じわれ/じしん/いわなだれ
FRLG   :クロスチョップ/こわいかお/ビルドアップ/がんせきふうじ
FRLG強化後:クロスチョップ/かわらわり/じしん/いわなだれ
HGSS   :クロスチョップ/みやぶる/リベンジ/いわなだれ
HGSS強化後:ばくれつパンチ/みやぶる/バレットパンチ/ストーンエッジ

シバ「おれたちの ハイパーパワー うけてみるがいい!
   ウー ハーッ!」

ポケスタ2、金銀も合わせてすべてのステージで使っている

グリーン型

性別:♂
レベル:69
特性:ノーガード
持ち物:くろいてっきゅう
技:メロメロ/なげつける/ストーンエッジ/ばくれつパンチ

ハートゴールド・ソウルシルバーの強化バージョン。
うかつにエスパーを出すと黒い鉄球投げつけるで大ダメージを食らう

BW2のPWT、チャンピオンズトーナメントでの型は以下の通り
性格:いじっぱり
努力値:AS255
持ち物:しろいハーブ
技構成:ばかぢから/ストーンエッジ/ほのおのパンチ/バレットパンチ

レベルは50固定、PWTでは性別と特性がランダムなので注意!!
しかし、何故インファイトじゃなくてばかぢからなのだろうか・・・

キック型

性格:適当
努力値:攻撃252 他適当
特性:こんじょう
持ち物:適当
技:メガトンキック/まわしげり/けたぐり/ローキック

カイリキーといえば腕だがあえて蹴り技のみ

次は、絶対に外さない!型

性格:ゆうかん等
特性:ノーガード(必須)
持ち物:フォーカスレンズ
技:みやぶる/あてみなげ

ノーガード+フォーカス+あてみなげ(+みやぶる)で、もう相手にかわす余地はない。
精神を統一させ、魂の当て身をたたきこめ!
↑こうげきからみをまもった
↑相方にアグノムがいれば、まもる/みきり/みがわり/ふういんで全てOKさ!
↑○○、置き土産を残してチェンジです

極悪な一撃使い型

特性:ノーガード
性格:素早さか耐久があがって特攻が下がる奴
努力値:お好みで
持ち物:強いてあげるなら半減とかラムとか
確定技:ものまね
選択技:ねごと、格闘技(頑丈対策)

何故、この型がないのか皆に小一時間問い詰めたい。
言わずがなものまねで絶対零度をコピーして文字通り極悪な一撃使いと化す。
劣化フリーザー? こっちはこころのめ使わない
劣化ドーブル? こっちの方が耐久高いし、キノコの胞子を使う必要も無い。
劣化カイオーガ? 伝説と比べること自体がナンセンス、さらにこっちは当て放題だぜ

同じコンセプトで実 際 に 殺 っ て み た 対戦動画を発見。
これでは一回の使用に留まってるが、このゆびキッス辺りがいると酷いことになりそうだ。
↑どうやってものまねとノーガードを両立させるんだ?
↑第3世代でものまねを覚えさせたワンリキーかゴーリキーを第4世代以降で進化させればいいのでは?2分の1の確立で特性が変わるはず

頭脳ダメージ型その1

NN:ノーガード(こんじょう)
特性:こんじょう
持ち物:かえんだまorフォーカスレンズ
性格:フォーカス使うなら素早さ↓
技:ばくれつパンチやストーンエッジがあってもよい

ニックネームをノーガードまたはこんじょうにして相手を混乱させるのが狙い。
持ち物をフォーカスにしてばくれつパンチをヒットさせれば
相手は確実にノーガードと思いこみ、状態異常や一撃技を使ってくる可能性も。
とはいえ確率は60…
普通に火炎玉持たせてクロスチョップとか三色パンチとかやってもいい

頭脳ダメージ型その2

NN:こんじょう(ノーガード)
特性:ノーガード
持ち物:どくどくだまorこだわりスカーフ
性格:スカーフ使うなら素早さ↑
技:クロスチョップとか

その1の逆。ニックネームをこんじょうにして相手を混乱させるのが狙い。
毒毒玉が発動すれば特性を根性だと思いこんで、
ノーガードの危険である一撃技や催眠技を使って来なかったりするかも。
…とはいえ、わざわざ火炎玉にしないとこからバレる可能性もないとも言い切れない。
スカーフまいてチョップするのもあり。
一応元の命中率はそれほど高くないので全く意味がないわけでもない。
が、ニックネームを変えるだけにして、爆裂パンチとかやってる方がいいかもしれない。
↑そこで火傷玉からのまさかの特殊技ですよ。
といっても文字と気合玉とめざパと破壊光線しかないが。
いっそ毒々とかいれて受けに出てきたポケモンを骨抜きにしたりしてどうよ。

みがきあ型

性格:気合が入ってそうなやつを適当に
努力値:気合が入る一撃を入れるために攻撃、特攻252固定
特性:こんじょう
持ち物:「きあい」のハチマキ、「きあい」のタスキ
技:みがわり・きあいだま・きあいだめ・きあいパンチ

身代わりの後に気合を入れて投げたり殴れ!
襷が意味ない気がするがなんともないぜ!!
目覚ましビンタは技名に気合がないぞ!!!
↑そもそもみがわりを張った時点で気合いが入ってないと思うのは俺だけか?
↑きっと「みがきあ」が入ってれば良いんだ。ということで「みやぶる/がんせきふうじ/きつけ/あてみなげ」という妙な構成もありになる…のか?

なんちゃってちからもち型

性格:いじっぱり or ゆうかん
努力値:攻撃252 あと耐久
特性:こんじょう
持ち物:ちからのハチマキ
技:ねむる ねごと つばめがえし あてみなげ(他の格闘技でも可)

「ちからもちだったらな」という書き込みを見てひらめいた型。
特性とわざと持ち物と性格を活かし、可能な限り「ちからもち」に近づけてみました。
一応「ねむり」状態も状態異常だし、こんじょうが適応される・・・ハズ。

理論上こいつの攻撃力は
眠りで根性×力の鉢巻×性格補正=1.5×1.1×1.1=1.815倍になります。
ついでに攻撃技も必中技をそろえる事で実質ちからもち+ノーガードなんて事に・・・

西の洞窟型(ポケダン)

特性:こんじょう(ポケダン赤青の時代にノーガードはありません)
性格:多分いじっぱり
努力値:HP攻撃252?
持ち物:木の実とか
技:ちきゅうなげ/きあいだめ/じごくぐるま/げたぐりなどレベル技いろいろ

西の洞窟終盤に登場するザコポケモン。
ボスのミュウツーどころか
泥棒をしばくあのカメレオンに匹敵する攻撃力を秘めており、
他の連中の攻撃を一桁近くにに抑えられるレベルであっても
通常攻撃だけで2桁削られることもあるという強敵。
地獄車なんぞくらったら悲惨である。
根性を発動させると攻撃2倍になりフルドーピングしていないと 即 死 決 定
しかも経験値貧乏だから泣けてくる。

唯一の救いは状態異常にする技を持たないこと、部屋全体技、
直線技を持たないことか

ポケモンバトル◆ヒーローズ仕様

性別:♀
特性:ノーガード
性格:いじっぱり
個性:ちょっぴり みえっぱり
持ち物:くろいてっきゅう
技:ばくれつパンチ メロメロ なげつける ストーンエッジ

さすが公式は違うぜ!

ちなみにHGSSの強化グリーンの手持ちに全く同じ道具・技構成のカイリキーがいる

ポケスタ金銀型

性別:♀
性格:無補正
技:じごくぐるま/こわいかお/かみなりパンチ/ほのおのパンチ

ポケモンスタジアム金銀のレンタルで使用できるカイリキー。
レンタルポケモンの進化形は技構成が悲惨なものが多い中、こいつは比較的マシな方であった。
じごくぐるまの当り難さも再現する場合は特性はこんじょう推奨だが、実用性もある程度考慮するならノーガードでもいい。

尚、ステータスまで再現したい場合は以下の通り(LV50の場合)。
HP:170 攻撃:155 防御:105 特攻:90 特防:110 素早:79

なかなか速いクロスチョップ持ち高火力飛び膝蹴りのほうが使いやすかったのは内緒

某栄養ドリンク型

性格:イメージに合うものを
特性:こんじょう
努力値:耐久系に
持ち物:タウリン(言わずもがな)
技:ロッククライム こらえる きあいだめ からげんき

うおおおおおーファイトー!いっぱーつ!!
タウリン1000ミリグラム配合のリ○ビタンD
ワシのマークの大○製薬です

ノーガードなのに・・・型

性格:身を守りそうなもの
特性:ノーガード
努力値:身を守りそうなもの
持ち物:身を守りそうなもの(ゴツゴツメットやプロテクターなど)
技:まもる、ひかりのかべ、みがわり、ワイドガード

ノーガードなのに守ったりするは、壁を出すは、身代わりを出すはでまったくノーガードする気が無い矛盾した型。
利点?守って一撃必殺を防げるから問題無い。

嫌がらせ型

特性:ノーガード
性格:腕白
努力値:HB252orHD252
道具:ひかりのこなorのんきのおこうorたべのこし
確定技:ばくれつパンチ/かげぶんしん
選択技:どくどく/みやぶる/ビルドアップ/きあいパンチ/みがわり/パワートリック/ねむる&ねごと

ばくれつパンチと言う絶対混乱技があるのになぜか嫌がらせ型が無かったので作ってみた。

使い方その1:ばくれつパンチを当て、混乱してる隙に影分身積み放題DA!相手の攻撃なんて喰らわないぜ!

使い方その2:影分身を先にやり、根性と読まれ相手の状態異常技を出さなくするぜ!そして相手の攻撃が全部当たって「相手運無さ杉www」と思わせてる間に ば く れ つ パ ン チ
       相手の思考が停止し、降参を選んでくれるに違いない!さすがカイリキーだぜ!

※実戦での使用は技が外れるか当たるかご確認してから厳選しましょう

サブウェイ型

その1
性格:ゆうかん
努力値:攻撃とHP
持ち物:チーゴのみ
技:ばくれつパンチ/しっぺがえし/みやぶる/ワイドガード

ダブルと兼用なのかワイドガード入り。
さらにチーゴのみでノーガード時のやけど対策…なのだがいろいろ欲張りすぎ。
モタモタしてるとみやぶるでゴーストにも爆パンを当ててくることも。

その2
性格:ゆうかん
努力値:攻撃とHP
持ち物:たつじんのおび
技:れいとうパンチ/クロスチョップ/ほのおのパンチ/きあいだめ

帯のおかげで火力はやや高い。
通常では無い構成だが、特に言う事もないような型。

その3
性格:いじっぱり
努力値:攻撃と素早さ
持ち物:こだわりスカーフ
技:ばくれつパンチ/れいとうパンチ/いわなだれ/じしん

ローテでは害悪とされるスカーフカイリキー…だが性格はいじっぱりなので遅い。
それでも低速が多いと混乱まきをされ、後にサブウェイクオリティーを引かれるとイライラすること間違いなし。
↑下の型とは違って根性でも普通に強いよな。
むしろこっちの攻撃を回避したり状態異常でパワーアップする分、根性の方がエグい…かもしれない

その4
性格:いじっぱり
努力値:攻撃と特防
持ち物:かえんだま
技:まもる/じしん/インファイト/しっぺがえし

根性発動型。
根性からの高火力インファイトは恐るべき破壊力となるがノーガードの事は考えなかったのだろうか…。
HPではなくD振りなのでサイコキネシスや流星群で倒すつもり人は注意

カイリキーの歴史

第1世代

カイリューに次ぎ、当時としては全ポケモン中2位タイとなる130もの攻撃種族値を持つ。
しかしその攻撃の高さとは裏腹に、いまいち活躍の場面に恵まれなかった。
まず第一に当時全盛を誇ったエスパーを弱点に持つという部分が痛手。
素早さはもとより、特攻特防を兼ねていた特殊は65と特殊耐久は現在より低く、先制サイコキネシス一撃で落とされる場面が多々あった。
更に当時の格闘最強技は、威力・命中率80・反動ありの地獄車で、高い攻撃力を活用しにくかった。(実は後述の理由でしょっぱなから使わなければ問題ない)
エスパーに次いで強かった氷、ケンタロスらノーマル相手に有効という利点は有ったが、
氷タイプのポケモン自体が少なく、ラプラスやラッキーのHPが高い為、耐えられたりすると地獄車のリスクが高かった。
岩はこの当時いまいちパッとしない上に、水、氷に任せたほうが安全な場面が多かった。
ケンタロスに対しても素早さが足枷となって圧倒的有利とはいかなかったが、
実ははかいこうせんの反動に限らず当時のじごくぐるま等のダメージ反動技も相手を倒すと反動がないので、
対抗策としてそれなりに使われ、決勝大会には残らなかったものの使用率はそれなりに高かった。
また、当時からすでに地震や岩雪崩を習得できたため、不遇タイプだった格闘の中では一歩抜き出た存在ではあった。

シナリオでは四天王の2番手シバの切り札として登場。当時のドット絵は口がかなり大きく描かれていた。

進化前のワンリキーは、50音順のポケモン図鑑にて最後を飾っている。この牙城を崩すことは、「ン」で始まる名前のポケモンが出現しない限り不可能であろう。

第2世代

特攻、特防の分離によって特防が20上昇。強力な新技クロスチョップの習得で、その攻撃力を活かせるようになった。
更にこの世代から登場した悪・鋼タイプの両方の弱点を突ける上、
その2タイプによってエスパーの立場が落ち着いたため、格闘タイプそのものの相対的な立場が大きく向上。
この世代で多くの強豪が登場したノーマル相手に弱点を突ける点も格闘の地位向上を後押しした。
特にこの世代で猛威を振るったカビゴンやバンギラスを突破できるカイリキーはその筆頭となり、
メジャー級のポケモンとして台頭していくこととなる。
この世代から見破るを使うことでゴースト相手に格闘技を当てられるようになったが、対戦で使われる事は滅多になかった。
また、遺伝でアンコールを覚えるのもこの世代からである。

前作に引き続きシバの切り札として登場したシナリオではクロスチョップに加えて岩雪崩も覚えているため、飛行タイプでも油断ならない。

第3世代

特性として「根性」を獲得。
高い攻撃を更にブーストさせることが可能になったが、この当時は毒毒球や火炎球がなかったため有効に活用するのは難しかった。
ダブルバトルでは味方に状態異常をかけてもらうことで一応は自発的に発動させることが可能。
努力値の仕様変更で耐久面が下がった一方で、攻撃面に関しては能力、技共に特に大きな下方修正はなく、変わらず安定した能力を発揮した。

この世代から爆裂パンチが自力習得可能になったが、まだ有効に使えるとは言い難かった。
拘り捨て身タックルで現役のケンタロスや、特性と技の追加で盛り返したラプラス、
この世代から台頭したハピナスら旧勢力に加え、準伝説級のレジ系、足枷こそあれ脅威の能力値を持つケッキング、
安定した耐久を誇るトドゼルガ等、有利を取れる実力者は更に増えた。

外伝作品の「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊/赤の救助隊」ではワンリキーが御三家やピカチュウといった人気者と共に主人公候補に選ばれる。
最終形態のカイリキーもにしのどうくつに雑魚として登場。
ボスのミュウツーすらかすんで見える圧倒的な攻撃力で多くの救助隊を蹴散らしたことだろう。

また、ポケモンコロシアムではボスのワルダックの手持ちに抜擢されている

第4世代

新特性として「ノーガード」を獲得。
これによって必中、混乱、高威力と3拍子揃った脅威の爆裂パンチを体得した。
ただし相手の一撃技や催眠術なども必中になるため、基本的にハイリスクハイリターンな特性である。
特に絶対零度持ちのラプラスやトドゼルガには返り討ちにあってしまうので注意が必要。
一方で、火炎球、毒々球の登場で特性「根性」を活用した型も実用的となり、爆発的な攻撃力を発揮しやすくなった。
技の面では、パワーインフレの象徴的存在であるインファイトの習得に加え、
物理特殊の分化により3色パンチが選択肢に入るようになった他、タイプ不一致ながら先制技バレットパンチを獲得。
岩雪崩よりも高威力のストーンエッジも習得し、決定力、攻撃範囲、戦法の柔軟性、そのどれもが今まで以上に向上。
文句なしに強力なポケモンとなった。

第5世代

BWではホワイトフォレストにしか出現しないため、皆勤賞ではなくなってしまった。
カイリキー自身には大きな変化は無くとびひざげりの威力変更もあり単格闘最高火力の座をサワムラーに明け渡す。
重火力アタッカーとして新たにローブシンが登場、カイリキーより優れた耐久種族値やマッハパンチが重宝され一躍トップメタ級のポケモンとなった。BW2で三色パンチも獲得し、さらに強化されている。

なお夢特性は「ふくつのこころ」。BW2で教え技と両立可能にはなったが、元の特性と比べて優位性に欠けるので採用価値は無い。

シングルでは居場所が無くなりつつある一方、新ルールのローテーションバトルではLv1ココドラトゲキッスとともに『ローテ三大害悪』の一員として活躍している。
交代がし難いルールであることから爆裂パンチの混乱撒きが異常に強く、スカーフ爆裂パンチを撃つ機械になっているだけでもタチの悪いポケモンに仕上がっている。

第4世代までは50音順のポケモン図鑑の最初はアーボだったのだが、第5世代でのアーケオスの登場で、その牙城は崩されてしまった。
それに対し、ワンリキーは今でも50音順の最後をなんとか死守している。

覚える技

レベルアップ

GBA 4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
ワンリキー ゴーリキー
カイリキー
ワンリキー ゴーリキー
カイリキー
ワンリキー ゴーリキー カイリキー
- - - - - - 1 ワイドガード - - いわ 変化 10
1 1 1 1 1 1 1 けたぐり - 100 かくとう 物理 20
1 1 1 1 1 1 1 にらみつける - 100 ノーマル 変化 30
7 7 7 7 7 7 7 きあいだめ - - ノーマル 変化 30
13 13 10 10 10 10 10 からてチョップ 50 100 かくとう 物理 25
- - - - 13 13 13 ローキック 60 100 かくとう 物理 20
22 22 13 13 19 19 19 みやぶる - - ノーマル 変化 40
19 19 19 19 22 22 22 ちきゅうなげ - 100 かくとう 物理 20
25 25 22 22 25 25 25 リベンジ 60 100 かくとう 物理 10
31 33 25 25 31 32 32 あてみなげ 70 - かくとう 物理 10
37 41 31 32 34 36 36 じごくぐるま 80 80 かくとう 物理 25
- - 34 36 37 40 40 めざましビンタ 60 100 かくとう 物理 10
40 46 37 40 43 44 44 クロスチョップ 100 80 かくとう 物理 5
43 51 43 44 46 51 51 こわいかお - 100 ノーマル 変化 10
49 59 46 51 49 55 55 ばくれつパンチ 100 50 かくとう 物理 5

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技08 ビルドアップ - - かくとう 変化 20
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 40 100 あく 物理 10
技47 ローキック 60 100 かくとう 物理 20
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技83 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30
技84 どくづき 80 100 どく 物理 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
※以下は第4世代までの技マシン BW
技01 きあいパンチ 150 100 かくとう 物理 20 ×
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 ×
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×

タマゴ技

GBA 4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 BW:技16
ヨガのポーズ - - エスパー 変化 40
まわしげり 60 85 かくとう 物理 15
アンコール - 100 ノーマル 変化 5
きつけ 60 100 ノーマル 物理 10
カウンター - 100 かくとう 物理 20
いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 BW:技80
インファイト 120 100 かくとう 物理 5
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15
かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15
れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15
バレットパンチ 40 100 はがね 物理 30
HS パワートリック - - エスパー 変化 10
はたきおとす 20 100 あく 物理 20
ヘビーボンバー - 100 はがね 物理 10
くすぐる - 100 ノーマル 変化 20

教え技

FL Em XD Pt HS BW2 タイプ 分類 PP 備考
メガトンパンチ 80 85 ノーマル 物理 20
メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
カウンター - 100 かくとう 物理 20
ちきゅうなげ - 100 かくとう 物理 20
ものまね - 100 ノーマル 変化 10
ゆびをふる - - ノーマル 変化 10
いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
みがわり - - ノーマル 変化 10
ばくれつパンチ 100 50 かくとう 物理 5
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こらえる - - ノーマル 変化 10
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10
れいとうパンチ 75 100 こおり 物理 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15
しんくうは 40 100 かくとう 特殊 30
× × はたきおとす 20 100 あく 物理 20
てだすけ - - ノーマル 変化 20
ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5
なりきり - - エスパー 変化 10
けたぐり - 100 かくとう 物理 20
ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
ダブルチョップ 40 90 ドラゴン 物理 15

遺伝

タマゴグループ 人型
孵化歩数 5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=3:1

遺伝経路

ヨガのポーズ スリープ(L21)/サワムラー(L5)/バリヤード(L8)/アサナン(L4)/コジョフー(L5)
まわしげり サワムラー(L9)/カポエラー(L1)
アンコール バリヤード(L11)/ヒコザル(卵)/ミミロル(卵)など
きつけ マクノシタ(L22)
カウンター :自力(教)/ルカリオ(L6)/エビワラー(L51)/カポエラー(L28)/ダゲキ(L21)/ハリテヤマ(卵・教)など
インファイト モウカザル(L36)/ルカリオ(L42)/サワムラー(L57)/エビワラー(L66)/カポエラー(L55)/マクノシタ(L40)/ダゲキ(L49)など
ほのおのパンチ :自力(教)/チャーレム(L1)/エビワラー(L36)/ブーバー(L29)/エレキブル(L1)/ヒコザル(卵)/ミミロル(卵)/バリヤード(教)など
かみなりパンチ :自力(教)/チャーレム(L1)/エビワラー(L36)/エレブー(L29)/ブーバーン(L1)/ヒコザル(卵)/ミミロル(卵)/バリヤード(教)など
れいとうパンチ :自力(教)/チャーレム(L1)/エビワラー(L36)/ミミロル(卵)/バリヤード(教)など
バレットパンチ エビワラー(L16)/ルカリオ(卵)/アサナン(卵)など
パワートリック アサナン(L43)
はたきおとす マクノシタ(L19)/ヤミラミ(L29)
ヘビーボンバー マクノシタ(L46)
くすぐる マネネ(L1)(タマゴを作れるのは進化後)/ゴチム(L7)
※バレットパンチ&アンコールの同時遺伝は不可能
技マシンで「ひかりのかべ」を覚えられるため第四世代では不可能だった「ひかりのかべ&インファイト」の両立が可能

リンク