※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジグザール王国

王立図書館の周辺に人が集まり,王が支配している地域。
大陸の中では中堅国家だが王立図書館の存在がこの国を大国にしている。
王立図書館の影響か、ジグザール出身者には優秀な魔法使いが多い。

ベルジニア帝国とは友好条約を結んでいる。
人口の多さや王立図書館の影響もあり、王都での事件発生率も他国に比べずば抜けて高い。
(一時期、事件のほぼ全てが王立図書館関連だったこともある)


主要施設

■付きは施設専用スレあり

■王都

店の建ち並ぶ通り、ベンチのある広場、学校、薄暗い路地………さまざまな顔を持つ王国の首都。
住人たちのたわいない会話が毎日のように見られる。
ジグザール王国の中心とも言うべき街。
ここでは闘技場を除き戦闘が一切禁止されており、騒ぎを起こすと憲兵に捕らえられることもある。
高い城壁で囲まれている。
結界も張ってあるため悪意のある魔族やモンスターは入ってこれない。
初めて訪れた人は、各所に設置してある案内板(>>1)に目を通すと馴染みやすい。

■酒場バッカス

王都にある一風変わった酒場。
ここの主人であるマスターは不在がちでなかなかお目にかかれない。
台所には東西南北レアリティ問わず、さまざまな酒や食材が用意されている。
冒険者だけではなくたくさんの住人が情報や意見の交換場として利用している。
また、病院と帝都への直通ゲートが開放されており利用者も多い。

■王都闘技場

腕に覚えのある者がよく訪れる、シートを使って戦う闘技場。
詳しくは武闘大会闘技場参照。
この闘技場には闘幻鏡が設置されている。
使用料として銀貨1枚を消費するが、闘幻鏡を使うと実際の肉体へダメージが残らない。
相手を傷つけることがなくふだん強力すぎて封印している技も遠慮なくつかえる。
全力で戦えるため、銀貨を投入しての闘幻鏡利用が基本となっている。

■クエスト発注所

参加者募集中のクエストが提示される。
ランクは申告制のため、妄信しすぎも危ない。

■王立図書館

王都中央部に存在するダンジョン。
詳しくは王立図書館参照。
1階部分はモンスターの出現は稀で、無数の本棚が並ぶロビーとなっている。
ほとんどの書物があるといわれ、ダンジョン目当てでなくても知識を求める者もよく訪れる。

■魔法世界の病院

実際は妖精の森にあるが、酒場に直通ゲートが開放されている。
治療費は無料

■裏ゲート

王都の裏にあるゲート。第一と第二がある。
ゲートは移動施設などという利用目的があるわけではなく、待ちあわせ場所の目印モニュメント的扱いである。

学園
  • 小学校~王立リューネルグ大学まで、複数の学問施設が複数存在してる。
    それぞれの学問施設により、校風や存在活動部などに特色がある。
また、指導所や孤児院などの準学問施設も複数存在している。

警備隊
王国内の警察に相当する機関。
王都と王都直轄区域を担当する警備隊は王都警備隊と呼ばれ、それ以外は○○市警備隊と呼ばれる。
警備隊は内務卿が統括する。
人口が極端に少ない村には駐屯していないが、そのような場所は保安官が駐在している。
また、場所によっては自警団の設置が認められている。
比較的、軽武装である。

軍隊




 ▼ 以下 広告 ▼

添付ファイル