ルール説明

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■目的

  プレイヤーは8つのキャラクターを操って、建物カードを自分の都市に建設することを目指します。
  8つの建物カードが建設された時点で、一番点数の高いプレイヤーが勝者となります。

■準備

  ゲームの始めに、各プレイヤーは以下のものを受け取ります。
   ・建物カード・・・4枚
   ・コイン・・・・・・・2枚 

■カード

  カードにはキャラクターカードと建物カードがあります。詳細はそれぞれのページを参照してください。

キャラクターカード

   それぞれ異なる特殊能力をもった8つのキャラクターのカードです。

建物カード

   建物カードにはコストが書かれています。基本的にコスト=ポイントです。また、建物カードは必ず、赤、青、黄、緑、紫(特殊)の5色のどれかに属しています。

■ラウンドの進行

1.SETUP(キャラクターカードの選択)

  まず8枚のキャラクターカードのうち、1枚が伏せカードとして場に裏向きに置かれます。
  その後、プレイ人数が5人なら1枚、4人なら2枚が表向きにして場に置かれます。
  次に、スタートプレイヤーから順にカードを選択していきます。
   ・キャラクターの特徴についてはこちら
  7人目のプレイヤーは、残った一枚のカードと最初に伏せた裏向きのカードのどちらかを自分のキャラクターとします。

  ある程度の推測はできるものの、誰が何のカードを選んだかは分からないようになっています。
  選んだカードは自分の手番になるまで他のプレイヤーに伝えてはいけません。

  SETUPが終わったら、決められたキャラクターの順番どおりに、手番をプレイしていきます。

2.自分の手番でのプレイ

  以下の順番で各プレイヤーは手番をプレイしていきます。
   1.暗殺者  >  2.泥棒  >  3.魔法使い  >  4.国王  >  5.伝道師  >  6.商人  >  7.建築家  >  8.傭兵
  キャラクターが選ばれなかったり、暗殺された場合は飛ばされます。

  自分の手番になったら、プレイヤーはまず以下のどちらかの行動を行います。
   ・カードを2枚引き、1枚を手札に加える。
   ・コインを2枚得る。
  その後、手札から1枚、その建物カードのコスト分のコインを支払うことで建物カードを場に出すことができます。
  (このとき、建築家の能力を使って8件を超えた建物を建ててもかまいません。)
  さらに、手番の間ならいつでもキャラクターの特殊能力を使用することができます。
  自分の手番が終わったら、次のキャラクターに手番を移します。

全てのキャラクタの手番がプレイされたら、次のラウンドに移り再びSETUPとなります。


■ゲームの終了と勝者

  1人のプレイヤーが、建物カードを8枚出したら、ゲーム終了となります。そのラウンドは最後までプレイします。

  各プレイヤーは以下のように自身のポイントを計算します。
    ・場に出している建物カードのポイントの合計
    ・最初に8枚建物カードを出した・・・・・・+4
    ・それ以外で8枚建物カードを出した・・・・+2
    ・5色全ての建物カードを出した・・・・・・+3

  最もポイントの高いプレイヤーが勝者となります。
  同じポイントの場合は建物カードの合計ポイントが高いほうが勝者となります。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。