※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古くなった過去ニュース置き場その2
期間:2010/12/23 ~ 2011/08/17


small patch 2011/08/17

サイズ:0.6MB
  • キジとターキーに関するバグを修正:飛行中のそれらを撃ち落した時に正しく落下しなかった不具合を修正

patch 2011/08/12

サイズ:4.57MB
  • ゲームランチャーのバージョンアップ ver.232
  • ローカライゼーション版の修正

patch 2011/08/10

原文
サイズ:3.3MB
私達は、丁度、幾つかの修正と拡張を含む新しいパッチをリリースしました
  • ヘラジカが飛んでしまうエフェクトの発生を最小限に抑えるための修正
  • ヘラジカやエルクにて発生するラグドール(死体のモデルの事/3D用語)がフリーズするのを修正(これまでも何度か修正してるけど・・・?多分、撃った後に回収する時に死体がジタバタしてる挙動のこと)
  • 動物の輪郭の色を、現在追跡している色に合わせた(追ってる獲物かそれ以外が判別できるようになった?又は、トラッキングの色設定(青・赤)に動物の輪郭も合わせた)
  • ローディング時のスクリーン・ショットを新しくした
  • 熊の古い痕跡は以前よりも早く拡散しないようにした
  • 水中で獲物が行き倒れた時に、もはやフリーズしなくなりました(因って、水から上がる時に何かに引っ掛かることはなくなります)
  • スタートアップ時に稀にクラッシュしていたケースを修正
  • ポーランド語版の修正
  • ドイツ語版の修正

Status Update - 30th June 2011

原文
プレスリリースチャットに多くの人が来ていただきありがとうございました。

Update

昨日、私達は大きなアップデートととして、ムースを"Redfeather Falls"エリアに追加しました。
ムースの様に大きくて威厳のある動物をtheHunterの世界に導入出来たことは素晴らしい事です。

ムースは、また、新しいシステムとしてTruRACSを適用している点でも大きな意味を持ちます。
これはプレイヤーから動物を見たときに(主にシルエットとしての雄の角の見え方)、実際に表示される角のグラフィックと角のスコアとの乖離をなるべく小さくする為に開発されました。

皆さんも気がついてるとは思いますが、ムースは気が立ってくるとかなり攻撃的になりあなたに向かって突進してきます(威嚇行動を取ります)
貴方に走り来る巨大なムースを仕留めることは容易では無いでしょう。貴方は素早くムースの心臓を狙って倒さなくてはなりません。

我々がストアに追加した”Moose Caller"(ムース用の呼び笛)にも興味を持たれた事でしょう。これは他の笛と違って異なる動作をします。この呼び笛を使用した時に、その近くにいるいずれかのムースがそれに答えます。
覚えておいてください、これは大きなムースが実際に貴方のアクションに応答する数少ないチャンスになります。

Bear Missions

このアップデートには、熊の為に、全く新しいミッションのセットが追加されました。
ミッションのページを訪れて、この新しいミッションを試してください。

Moose Competitions

土曜日より、ムースのコンペティションが開始されます。

What's Next

我々は色々な事に取り組んでいます(多くは裏方の作業です)。
近い将来(2~3ヶ月?)、ストアで何か動きがあるでしょう ;-)

Localization

マルチ・ランゲージをサポートする仕組みは完成しました。ドイツ語に関しては以前にアナウンスした通りです。
私達はポーランド語の翻訳作業に専門チームで作業にあたっています。

TruRACS

TruRACSは、ムースの為に組み込みましたが、次の段階は他の動物にもこのシステムを適用することです。
全般的に私達は全ての動物を、バージョン2.0で適用できるようにしたいと考えています。
それらで、既存のコンテンツがより価値を産みより面白く、より特徴的なハンティングを生み出せるようにしたいと考えています。

Tent

テント機能を実装する実現する全ての技術的な要素が整ったと言って良いでしょう。
基本的なデザイン(仕様)は、"Ground blind"(アイテム)と同様な方法で地面に設置します。ロケーションに設置する必要がある事を除くと、設置後はロッジのような出発点として機能します。(訳者注:アイテムの補充云々に関して記述はありませんが同様の事が出来るのではないかと思います。)

Crossbow

クロスボウのリリースは遅れています。これは法的な面(実際の製品をモデルにしている為)と、技術的な面の両方が原因です。
私達は、また、クロスボウとしてTenpoint社製”Tenpoint Carbon Fusion"を発表できることに非常に満足しています。
Tenpoint社製”Tenpoint Carbon Fusion"
上記よりCarbon Fusion CLS動画

Achivements

私達はまた、精巧な実績システム(elaborate achievement system )を追加することになります。
これは、幾つかのカテゴリーであなたの友達の実績と比較出来るようになります。

他記述

私達は、リテールボックス版の販売を計画しており、これに間に合うようにバグ取りに日夜取り組んでいます。
もし何かバグを発見したらお気軽に報告してください。

パッチサイズ:9.8MB

Patch - 11th May 2011

1.7MB 修正パッチ
原文
  • 動物は、もはや深い水の中には逃げなくなります(まれに発生する可能性がまだあります)
  • 動物が、水を食べていた動作を修正
  • 撃たれた時や怯えた時に、動物が一時的に”フリーズ”してたのを修正(硬直状態の修正)
  • 動物がcallsにて呼ばれた際に、複雑な地形や水をよりスマートに移動してきます
  • 写真撮影した時に、まれにアップロードされていない不具合を修正
  • 極稀な状況で動物がspawnする際に"適正範囲内の"場所でポップするように修正
(深い水または斜面のような場所で動物がポップする位置が不適切だったので修正)
  • 熊及びキジのスコアを正規分布にスムーズに従うように修正
以前に一部のスコアに正規分布が反映されてなかった(偏ったスコアが幾つかあった)
  • ロッジ又はキャンプサイトでリタイヤする時や、データやアイテム(asset)が読み込まれる前にインベントリ画面に切り替わる時に、クラッシュする事があったのを修正

Status Update - 20th April 2011


ようこそ今週のステータスアップデートへ
私達は、熊及び新しい環境(エリア)そして新しいゲームサーバに関する最後の作業を行っています。
最終仕上げ作業、調整そしてバグフィックス、テストいった事です。

私達は来週のリリースを目指しています。何か重要な問題が起きなければです。
現在のサーバー及びデータベースから新しいゲームサーバーへの以降に伴うサバーのダウンタイムが発生します。しかし、私達は最小限に留めるつもりです。

新しい環境は、今までは開発名"Canadian Woods"と呼ばれてきましたが最終的に"Redfeather Falls"となります。
"Redfeather Falls"=赤い羽根・滝/赤羽滝 インディアンの飾りからなのか??or赤い鳥・滝?

これがハンターメイト上で表示される新しいエリアのマップです:

おおまかに言えばWH島(ゲストで行ける島の事)の2倍の大きさです:

そして、最後に黒熊のスクリーンショットを幾つか載せておきましょう。
(リリースには、2種類のバリエーション、幾つかのレアバージョン、幾つかの非常に稀なレアバージョンを含みます)
この画像の熊の仕上がりは最終的な仕様になります

また来週!その時は熊の時間だね!

追記1:
このエリアの多くの水は沼のようなものになります。そして、非常に多くの浅瀬が水の上に存在しているのでかなり自由に歩くことが可能です。
この新しいエリアはブラック・ベアの他に、Whitetail Deer、Blacktail Deer、elkが住んでいます。
ムースがその後解放された際にこのエリアにリリースされます。
ブラック・ベアには今のところルアーになるような道具(香りや呼び笛)は用意されていません。我々の意図としては熊のベイティングを導入する考えです。(餌場?)
追記2:
クロスボウは今回のアップデートのパートに含まれません。後で来ます待ってて下さい。
追記3:
ブラック・ベアーに関しての出来不出来の考察
今のところいい出来だと思うよ。
追記4:
ブラック・ベアーの種類に関して見かける頻度
5種類位のバリエーションがあります。ごく普通のもの70%位、それ以外30%、非常にレアなものは運だね。

追記1:
The area with more water is kind of bog like. And there are quite a lot of shallow crossings over the water so it's possible to roam quite freely.

Other animals on Redfeather Falls will be whitetail, blacktail and elk. When the moose is later released it will also be added to this area.

There is no lure for the black bear, our intention is to introduce bear baiting (which will work with our overall "persistent world" feature that also allows e.g. the tree stand to be left mounted and it will still be there next time you play).
追記2:
Crossbow is not part of this update, it'll come later.
追記3:
We've had several very experienced real life bear hunters giving feedback on the bear in several iterations so we believe it is pretty good. But with that I'm not saying it's perfect and that there still might be things to improve. It's also a little bit different in seeing a snapshot and actually seeing it in motion.
追記4:
Including the normal one there's five variations in total. I think the common black is 70% probability, so there's 30% of getting something else. However, some variations are very rare (like a piebald deer) while some others are pretty common.

Status Update - 13th April 2011

ようこそ、今週のステータス・アップデートへ
原文

この時間は、今月末にリリースされる新しいアップデートでの別の変更点について発表します。
Missions - Revisited!(ミッション-再検討する)
ミッションは、ゲームを探検する事と、提供される異なる目標を達成する楽しい方法でしょう
しかし、彼らが当初に設計された方法では、多くのプレイヤーが全てのミッションで単純なミスをすることで簡単に困惑してしまう出来でした。

メッセージを掲示するこれまでのやり方は、解り難く簡単なミスを侵しやすいものでした。
新しいミッション新たに受ける際や、請けたミッションの進行状況等を確認すると言う事すら大変でした。
実際には、一般的なサポートの内、ミッションに関連する問題が最も多かったのです。

だから、より柔軟になるよう新しいゲームサーバを用意しました(今月末に来る予定です)。我々はあなたがミッションにて対話する方法を改善しました。
ミッションのページでは、あなたの現在受けているミッション(Active)と、どのミッションが受注可能か(Available)どれを受けているのかを明確に表示出来るようになります。
概要セクション(Overview section)で、ミッションはグループに分けて表示されると共にあなたが受けているミッションの進行状況が明白に確認出来ます。(ミッション・グループを完了すると☆が貰えます!-表示されます-)

ミッションをクリックすると(画像ではTutorial Missionをクリックした状況)、Description(説明)とObject(今回の達成目的)が表示され、その下にActivate Mission(受注ボタン)が表示されています。(ミッションが完了又は受注してない場合)

概要セクションの状態
Travel Missions 0/4 グループをクリックして開くと、含まれる全てのミッションを確認できます。
多くのミッションは他のミッションを完了する事でアンロックされ受けれるようになります。
アンロックの条件はそのミッションをクリックすることで条件が表示されます。
(ここでは、ロックされているSightseerミッションをクリックしてその条件を表示しています)
Mule DeerのTrackingとSpot及びハーベスト(狩りをして回収する事)を完了する事がSightseerミッションをアンロックする条件です。)

ミッションに関しては、大幅な変更になりますが、コンペティションに関してはまだ作業中です。

一度に同じ種(ElkならElkで)で、幾つかのコンペティションに同時に参加することが可能になります。
そのコンペティションで(それがスタートして無ければ)参加する/しないを選択する事も出来ます。
我々は、コンペティションの開催期間を簡単に確認出来るように開始又は終了までの時間をカウントダウン表示します。(これでタイムゾーンによる混乱が無くなるでしょう)それと幾つかの改善があります。

もう一つの変更はコンペティション及びリーダーボードでのスコア表示及び想定値に関するものです。
従来は小数点以下をx/8で表示していましたがこれを改善する予定です。


Status Update - 6th April 2011

原文
今日のステータス・アップデートはブラック・ベアーの為の時間です

ブラックベアーは、新しい環境に含まれて今月末に導入されます。
コミュニティーで説明したように、稀ではありますが熊は積極的な行動を行います。
安心して下さい、森を散策している時に熊があなたを突然現れて襲うようなことはありません。
一方、負傷した熊に接近するのは安全ではありません。
もしも、熊に襲われた場合にファーストエイドキットを所持して無ければロッジからのリスタートになり、回復後に続行できるでしょう。

熊に関して他に特別に考えなければならないのは、撃った時(ライフル等)の当たる位置がこれまで以上に重要になります。
特に、弓を使ったハンティングでは、肩、腰、頭部への射撃が重要になります(外すな危険って事でしょう^^;)

普通のブラック・ベアに加えて、私達は2つのカラーバリエーションを追加します。
スコアは、頭蓋骨の幅と長さで計ります。熊(そしてその頭蓋骨)は、変化に飛んだ異なる比率で様々なサイズをゲームで提供します。

最後に幾つかのスクリーン・ショットを載せましょう。
原文は5枚掲載してますが、負荷を考慮して1枚だけ載せておきます

このスクリーンショットは原文よりダウンロードすることができます。
thehunter_bear_screenshots.zipのURLはここです。

Some other stuff...
GamerFMという媒体にスタッフがLive出演する話等は日本語版wikiでは省略します
放送が朝4時ですので

また、来週、良いハンティングを!!


Status Update - 30th March 2011

原文
今週のステータスアップデートへようこそ

開発チームは来たるべくリリースへ向けて非常に忙しい毎日を送っています。
私達は、新しいエリアでの最後の開発計画に取り掛かっています。
それが提供される時には素晴らしい景観を提供できるでしょう。

熊(新しいハンティング対象:ブラックベア)に関しては、調整やテストといった作業と、アニメーションの仕上げに取り掛かっています。

動物たちにとって新しいエリアの水や他の障害物はどのように見えているのでしょうか?
この為の高度なpathfinding system(獲物の通る道筋を作るシステム)を開発中しています
このシステムは基本的には動物が大きな障害物をさけて進むべき道順を設定します
豚がフェンスを押しのけて進もうとする行動や鹿が障害物にはまって進まなくなる事が、このシステムで改善されます。
全ての動物の”移動”に関しての動作が向上されます。また、将来的に興味深い機能を盛り込む事が可能になるでしょう。

新しいゲームサーバーがテスト中です。それと同時に私達はコンペティションやミッションに関してオーバーホールを行っているところです。
私達は色々な部分のアクセスのし易さを改善しようとしています。
Doc達のNPCによるミッションの提供という方法から、webのユーザページより、ミッションの一覧からプログラムを選択する方法へ変更されます。
受けている個々のミッションの進行状況といった部分(active/available/completed/locked)も参照できるようになります
ミッションを受ける際には、目標や概要をよく理解してから受けてください。

コンペティションのインタフェースは簡素化され、複数のコンペティションを一度に同時に進めることが可能になります。(例えばmule deerで複数のコンペに参加する事が可能になります)

今度リリースされるエリア(カナダの森林環境をモチーフとしたエリア)のスクリーンショット 9枚
この画像はアーカイブ(thehunter_canadian_screenshots.zip)をダウンロード可能です
負荷軽減の為一枚のみ掲載

Status Update - 9rd March 2011

原文
ステータス・アップデートの時刻さ!
本日、私達は新しいアップデートをリリースしました。幾つかのエキサイティングな要素を含んでいます。

この記事の投稿は、少し遅れてしまいました(申し訳ない・・・)、理由はファイアウォールの変更に伴いオフィスのインターネット接続が切れてしまったからです。
それと、私を含む、ピーター、ディックは、MonacoSteve(ユーザの一人で、フォーラムのモデレーターでもある)とのディナーに参加してた為です。
それはおいといて、本日のニュースは・・・

Nosler

何よりも先に私達は、Nosler社がtheHunterの公式な弾薬のプロバイダになった事に大変満足している。
私達が新たに提供するのは、Nosler Partition®Nosler Partition®Ballistic Tip®そして、AccuBond®、それらを含む 製品ラインナップであるSporting Handgunシリーズの弾頭と共に、NoslerCustomシリーズ Trophy Gradeシリーズのハンティング用途の弾薬です。
詳細については、Nosler社のウェブサイト上で多くの主張がなされています。"best hunting ammunition"にて確認してください。
Nosler社のウェブサイト

私達は、現実の世界の製品やそのブランドと言ったものを、このゲーム中に紹介できることを嬉しく思います。
また、Nosler社やそのマーケティングコミュニケーションの助けを借りて、より多くのプレイヤーがこのゲームに訪れてくれることを願っています。
現実の世界の製品をゲーム内に持つことは、メーカー自身の強力なマーケティングの機会であるだけでなく、ゲームに素晴らしい追加要素も提供してくれます。
私達は、同じような事をこれからも行うつもりでいます
※訳注:上記は、2011/03/10のところ、従来の弾薬の名称が変更されただけのようです。
旧名称 新名称 詳細
.30-06 Bullets .30-06 Nosler Partition .308" Nosler Partition 180 Gr. Spitzer bullet mounted on a .30-06 Springfield NoslerCustom brass.
.44 Rem Mag Bullet .44 Nosler Sporting Handgun .429” Nosler Sporting Revolver Handgun 300 Gr. JHP bullet mounted on a .44 Remington Magnum brass.
.270 Winchester Ammo .270 Nosler Ballistic Tip .277" Nosler Ballistic Tip 130 Gr. Spitzer bullet mounted on a .270 Winchester NoslerCustom brass.
.300 Win Mag Bullet .300 Nosler AccuBond .308" Nosler AccuBond 200 Gr. Spitzer bullet mounted on a .300 Winchester Magnum NoslerCustom brass.
.357 Mag Bullet .357 Nosler Sporting Handgun .357” Nosler Sporting Revolver Handgun 158 Gr. JHP bullet mounted on a .357 Remington Magnum brass.
.243 Win Bullet .243 Nosler Ballistic Tip .243” Nosler Ballistic Tip 90 Gr. Spitzer bullet mounted on a .243 Winchester NoslerCustom brass.

Ground Blind

この度のリリースで新しいアイテム”グランド・ブラインド”が、ドックのショップで販売されました。
最適な使用方法は、臭いや呼び笛を併用すると獲物との距離をより縮める事が可能になります。
接近する鹿の目の前で、”グランド・ブラインド”を設営する事は良いアイデアとは言えません。
これは、ツリースタンドと同じ距離に、spook-distanceが設定されているためです。

画像

Coyotes

コヨーテ達にもアップデートされました
コヨーテが、今、遠吠えしたと仮定します。その時、ハンターメイト(に切り替えているなら)によって検出されます。
それと同時に、関心のあるポイントへ今よりも急いで駆けてきます。(呼び笛を使用している時等)
しかし、注意してください。近づくにつれて彼らは怯えてきます。あなたが撃つか撃たないか考慮している間に逃げてしまう事だってあります。

Roadmap Update

我々は、今後のアップデート計画のロードマップを少し変更します。
まず最初に私達にはエキサイティングな機会が待ってます。我々が感じるゲームの成功に重要なステップをもたらす為、優先順位の一部を変更することにしました。
残念ながら、私たちは、まだそれについて何かを公開することはできません。しかし、それらのものが新しいユーザをもたらすと期待しています。

私達はまた、新しいゲームサーバーへの移行を計画している。出来るだけ早くより多くのプレーヤが同時接続できることが望ましいし、ウェブサイトをもう少し使い勝手よくしたいのと新しい機能の為だ。
これはまた、幾つかの追加要素はクライアントプログラムに組み込まれている必要があります。例えば、新しいトロフィーショット機能とかがそうでしょう。

角のシステムは、順調に進んでいます、しかし当初の計画よりも開発に時間が必要になりそうです。
※訳注:このへんはシステムが小分けにされて色々あるから話に付いてゆけない・・・あぁそうなのぉ~

これらを考慮すると、近い将来を考えて私達の新しいロードアップがゲームにとってベストな結果になるでしょう。

ゲームサーバーと、関連するクライアント更新作業は今後の4週間で行われます。
私達は残念な事に、新しいカナディアンウッズエリアの作業を急ピッチで行う必要があります。
4月の最後の週のリリースへ向けて数週間しかありません。
新しい角のシステムは、すこし時間が必要になります。私達のリリースする新しい環境(クマ、続くムース)にはこれが必要になります。

グランド・ブラインドは使い方は簡単!それでは良い狩りになりますように。


Status Update - 3rd March 2011

原文
ステータスアップデートの時間です

私達は、今現在、小さなアップデートの追込み作業を行っています。私達の計画では今週末に掛けてテストを行い来週中にリリースする予定です。
幾つかの小さなマイナーバグの修正に加えて、2つの最も主要な変更点は・・・

コヨーテ / Coyotes

私達は、全く新しいコヨーテの遠吠えの音を追加しました
他の変更点としては、コヨーテが呼び笛(Calls)に反応する方法が変更されています。
もしも、コヨーテが呼び笛に興味を示した場合、今よりも素早く音のする場所へ駆けて(trott)来ます。
私達は、コヨーテがもう少しリアルな感じで動作を行って欲しいと考えてこの変更を行いましたが、それだけでなくハンティングの少し違った要素を提供したいと考えてます。
コヨーテは、より簡単に興味のあるポイント(callsが発生した地点)に駆けて来ますが、コヨーテとプレイヤーとの距離を縮む中でコヨーテは不安に怯えるようになります。
これは幾つかの戦略性を有するとともに、射撃チャンスを得るまでの時間掛かる事になります。

グランド・ブラインド / Ground blind

新しいアイテムが追加されます - グランド・ブラインド!
グランド・ブラインドは、獲物から発見される可能性を大幅に減少させます
ツリー・スタンドを使用した時よりも気配を察知される範囲は低いですが、ツリースタンドを使用した時の高い位置にある事で発生する昇降による隠蔽性は持っていません。
(訳注:ツリー・スタンドなら気づかれずに獲物が足元に来る場合もあり得ますが、グランド・ブラインドは地面上にモノがありますから気づかれ難い範囲はありますが、流石に目の前に変なのを発見した場合には獲物もおかしいと感じます。)
中からの眺め/The ground blind from the inside:
外からの見た目/The ground blind from the outside:

今の時点では、スクリーン・ショットのように外部から”グランド・ブラインド”を見ることは出来ません。これはツリースタンドと同じ動作で作れているです。
しかしながら、より途切れの無い世界※を実現できるような方向でサポート出来るようにしたいと考えています。
※訳注:ワンクッション入れることなく見張り塔に登るとかツリースタンドに上るとか、外部視点キーとかで自分を中心にして見れるようにしたいと考えてる?のかなぁ?

私達は、ツリー・スタンドやグランド・ブラインドをそれが可能な場所であれば設置したままに出来るようにしたいと考えております。
このアイテムは限られた幾つかの場所であれば、次回のスタート時に設置したまま持ち越せるようになります。

それでは素晴らしいハンティングになるように!


Patch - 21st of February 2011

変更点
  • 基本チュートリアル追加
  • ツリースタンドのカモフラージュ性を強化(もしかしたら単にカモフラージュの色を増やしただけ)
  • ハンターメートのマーカー表示改善
  • ハンターメートのボタンの見た目を若干改善
  • コヨーテが、狩人の臭いに敏感になる


Changes:
  • Basic tutorials added
  • Treestand camo increased
  • Markers indicating off-screen position now correctly positioned on the HunterMate
  • HunterMate buttons have received a small visual upgrade
  • Coyotes somewhat less likely to smell you

The new Tutorials tab on the Go Hunting page will follow shortly.
Patch size: 18.9 MB

Status Update - 16th February 2011

原文
ようこそステータスアップデートへ

今日は、今後の機能のいくつかの詳細についてお話したいと思います。これはベテランのプレイヤーには必要のない話であるかもしれません。
それでも尚、私達はゲームの成功へ向けた重要なステップであると考えています。
幾度と無く、我々は、新規のプレイヤーが最初の一歩を踏み出すのをフォーラムの投稿や他で見て来ました。
その結果、新規のプレイヤーが多くの動物たちを見ることも無く、何をすべきなのか解らずに途方に暮れ、このゲームがただつまらないという事を発見するだけでした。
これではプレイヤーを失うばかりで、ゲームとしては壊滅的です。

私達は、チュートリアルを導入します。特に、普通の人がハンティングという日常の生活には馴染みのないゲームでのステップアップと、プレイヤー全体での技量の一定の向上に繋がるのではと考えています。

Tutorials/チュートリアル

私達は、"Go Hunting"ページに新たにチュートリアル・タブ(Tutorials tab)を追加します
チュートリアル・パネルから幾つかのチュートリアルを選択することが出来ます。これで特別なチュートリアル・モードをゲームからスタートします
(注意:チュートリアルではステータスやスコアにはカウントされません。ハンティングの結果は記録には残りません)

[画像1 tutorial page]

最初に、私達は2つの基本チュートリアルを提供します。基本的なゲーム・コントロールと基本的なトラッキング(動物の追跡方法)、及び、スポットのやり方と獲物を狩った後の回収に関してです。

チュートリアルが開始されると、プレイヤーはゲームの開始に関する概要が掲示・提供されます
[画像2 tutorial_intro]

チュートリアルでは、プレイヤーは多くのステップをガイドします。コントロールの熟知に始まり、どのように狩りを成功させるかと言ったことをです。チュートリアルでは、次の目的地と言った場所へ、特別な矢印マークにてプレイヤーを案内します。
下のスクリーンショットでは、プレイヤーは塔に登る必要があります。
[画像3 tutorial_marker]

動物はチュートリアルの要求に応じてゲーム内に作成され制御されます。移動中の動物に矢印マークが付きます。下のスクリーンショットは、"息を潜めて照準を定めている瞬間"をコンセプトとした画像です。
状況に至っては、プレイヤーがミスしたり、獲物であるミュル鹿に察知される事で逃げられるかも知れません。その時には直ぐにフィールドを進み新たなチャンスを待ちゲームの目的を達成する必要があります。

[画像4 tutorial_harvest]
ツリースタンドを用いて、呼び笛や臭いスプレーを使用したチュートリアルや呼び笛を使ったキジ狩りの方法など、チュートリアルは大きな可能性を秘めていると思います。

チュートリアルで追加されるシステムは、以前にも述べたシナリオモードを構成する基礎にもなります。

私達は、チュートリアルの最終テストを行ってる最中です。月曜日にはリリースする計画です。

あなたは何時からゲームを始めましたか?何が難しいでしたか?
あなたがチュートリアルして欲しい部分は何ですか?
もしも新しくゲームを始めるとしたら、どの部分が理解し難く感じられますか?何が欠けてると思いますか?意見があればどうぞフォーラムで意見を述べて下さい。

Launcher Update - 31st January 2011

原文URL
本日、クライアント・ソフトウェアの一部である、ランチャー・アプリケーション(launcher application)をアップデートしリリースしました。(更新容量 4.66MB)
これにより、ランチャー・アプリケーションのバージョンが222から224へ変わります。

  • マイナーバグ修正
稀に、クライアントを起動した際に、アプリケーションが画面に現れない不具合を修正(バックグランドで開いている場合がある)
  • 機能追加
launcher applicationのHelpメニューに、ショートカットを追加。
トラブルがおきた時にこのフォルダーのドキュメントをサポートに送って頂けると解決の糸口になります。
open log folder
open game folder
open screenshots folder
  • 補足事項
Hunter Storeの支払いの方法を追加(ブラジルのメンバー向け)
ブラジルで使われている、"PagSeguro"を追加する予定

An update to the launcher application was just released today.The update will automatically be downloaded next time you start the game and the launcher will be restarted using the new version.

The update contains a number of minor fixes (like that it in some cases did not open as the front most window) and some shortcuts in the Help menu to make it easier to locate logs files when in contact with support.

Upcoming Patch - 26th January 2011

We're going to release a small patch (~1 MB) tomorrow containing some fixes and changes.

修正内容

  • リタイアした際に、インベントリにおいてツリースタンド・スロットをロックするようにした(再配置しなくて良い)
  • レアな場合と幾つかのケースにおいて、角が作成されない不具合を修正。ハイスコアのエルクで最も多かったケースが修正されます

  • The tree stand slot was locked in the inventory if you retired when in a tree stand.
  • There is indeed an issue with the antler spawning resulting in some antlers being too rare and in some cases not spawned at all. This will most notable fix the lack of high scoring elks.

Status Update - 20th January 2011

Change Log

  • Tree StandをDoc's Outfittersショップで販売開始 em$ 420
  • HunterMateにてフルスクリーン・マップ表示した時に、プレイヤーの表示とマウスカーソルの現在位置(GPS座標)を表示
  • HunterMateにてフルスクリーンマップ表示した時に、waypoint(目的地点)の設定機能を追加(使用説明はゲーム画面内右上に出ます。)※今のところ複数の設定(ラリーポイント)は出来ません。
  • ロッジのボードへサインの追加(ポスト及びアップデート)※ロッジの案内板の活用?未確認
  • システム変更:獲物及びその角の割り当てシステムを新しく更新※獲物のランダムシステムとその角のランダムシステムは2つの別システムです。更にレアシステムがこれらの決定事項に影響を与えてゲーム内に配置します
  • システム変更:角の割り当て保障。全ての動物の25%のうち25%はハイスコアの角を持ち、25%が低いスコアの角を持ちます残りの部分は平均的な角のスコアを持ちます。
  • 全てのエリアでハイスコアな角の発生率は同じ確立になります(以前は、バグによりエリアで差がありました)
  • 角のモデルが多くなります※多分3Dモデリングの種類が増えるんじゃないかと思います
  • Blacktail Deerのスコアが、現実的な範囲になります(イレギュラーな大きさの鹿が消えます)
  • Tree Stand実装に伴いインベントリにラージアイテムスロットを追加。デフォルトのキーバインドは"5"
  • キーレイアウトの変更:Tree Stand実装に伴い、"走る/歩く"キーが、今までの"E"キーから 'Caps Lock' へ変更。"E"キーは標準で、見張り塔(Tower)への登り/ツリースタンドからの降下になります
  • インベントリー内のアイテムリスト表示で、アイテム選択時のスクロールにマウスホイールが使用可能になります。
  • インベントリのレイアウト変更(両サイドのポケット表示の大きさが変わりました)
  • ゲームコントローラーのサポートを追加(Novint Falcon)
  • 通知機能追加:フリールック使用時に、フリールックキーの誤操作防止の為、通知表示機能追加
  • シューティング・レンジにて二つのターゲットにヒットした時にそのメッセージを追加(double hit)
  • 一部の地形の不具合修正
  • LeaderboardとHall of Fame室の記録を新シーズン(年度変更)によりリセット
  • パーソナルベスト記録を新シーズン(年度変更)によりリセット

今回のアップデートでデフォルトのキーボードレイアウトが一部変更になります。
それに伴い個人でカスタムしているキーバインドはリセットされます。

ツリースタンドの設置方法について

原文 TheHunterDev blog
ツリースタンドは全ての樹木に設置できる訳ではありません。設置に耐える太さの樹木であり設置に支障のない生え方の樹木でなければなりません。
(注意:インベントリのポケットスロットを4スロット消費する為、装備数によってはバックパックが必須でしょう)

設置できないケースでは、以下のようなメッセージが表示されます。
Cannot mount tree stand here.

設置できる場合は以下の様に設置を促すメッセージが表示されます。
Press MOUSE1 to mount tree stand

取り外す際には、"E"キーで取り外して下さい。
Press E to dismount tree stand

使用上の注意:樹木に簡易設置する為昇降の際にそれなりの音が発生します。付近の獲物が驚いて逃げ出す場合があります。
見張り塔と違い遮蔽する板がありませんのでカモフラージュの効果を高めるためにスプレー等の併用が効果的でしょう。


Here's the changelog:
  • Tree Stand available in Doc's Outfitters!
  • HunterMate full screen map show player and cursor GPS coordinates
  • GPS waypoint may now also be set by clicking the HunterMate full screen map (in addition to using the Rangefinder)
  • Added sign posts and updated sign boards at lodges
  • Antlers on animals are now randomly assigned
  • Antler distribution ensures that 25% of all animals have the 25% highest scoring antlers, 25% have the lowest and the rest those in between (average scoring antlers).
  • There is now the same probability of high scoring antlers in all areas
  • Significantly more antler models now available
  • Blacktail scores are now within a more realistic range
  • Added "large item" slot to inventory (used by Tree Stand). Default key is '5'.
  • Changed default key for toggling Run/Walk to 'Caps Lock' instead of 'E'. 'E' is now a general Use key (used to climb tower and exit tree stand).
  • Inventory equipment lists may now be scrolled using the mouse wheel
  • The "side pockets" in the inventory now act as two large 2x4 slots instead of eight 2x1 slots
  • Improved Novint Falcon support (profile update needed)
  • Added notification when enabling Freelook to avoid triggering it by mistake
  • Added double hit message when hitting both targets at the trap shooting range
  • Various terrain fixes
  • New season with Leaderboard resets and updated Hall of Fame
  • Personal Bests are now per Season

Please note that any custom key bindings will be reset due to key changes introduced in this update.

Status Update - 5th January 2011

謹賀新年
開発チームはほぼ全員が出社して、オフィスで作業を始めています。
先週の特別版Status Updateで概説した事に関して、私達は先を急がなければいけないね・・・

Antlers and scoring:角とそのスコアの評価方法

プレイヤー達に寄って寄せられているアイデアをサポートする方向で考えています
ある種の動物の角は、地域によって多少異なる差を持つことが知られています。これをスタート時に、そのエリアの地域的な偏差を盛り込んで反映させると言う案です

Novint Falcon

マウスではなく、ラグビーボール位の大きさのコントロールデバイスの"Novint Falcon"の使用感の動画がyoutubeにアップされました。
The Hunter and the Novint Falcon

尚、"Novint Falcon"を見てこれイイッと思った彼氏彼女に20%offのコードが提供されます
コード "ddfalcon"
"Pistol Grip"は別売りのようですのでご注意
こちらはNovint Falconオフィシャルweb

Your Character

 あなたは自分のキャラクターを知ってますか?あなたがアカウントを作成した時に選択した一つのイメージ画像の事を覚えてますか?
 今後のプランを事前に練るにあたって、我々は幾つかの理由でこのシステムを修正する必要があります。
 主だった理由は、我々はゲーム中ににキャラクターを配置するということです。最初に考えられられるのは、トロフィーショット(記念写真)を撮る際に、あなたの衣類やギア(gear)を表示する為にです。長期的には、マルチプレーヤーを見据えてとなるでしょう。

 この問題(修正)は、現在のキャラクターはゲームクライアントの一部では無いということです。現状では、キャラクター画像は終了時に、単純にレンダリングされてウェブサイト上のイメージとして置かれます。それを私達の誰かが後々に交換する必要があるのです。キャラクターの問題は、今見ていても不自然で馬鹿げています。

 もちろん、"本格的なキャラクター作成システム"であなたが作成してカスタマイズするキャラクターは、あらゆる上で素晴らしいものだ。しかし、開発に要する時間からこの時点では実現出来ないだろう。
 簡単に提供方法する極端なやり方もあります、二つの事前定義されたキャラクター、男性と女性を実装する事です
しかし、それでは皆と一緒なのでちょっとうんざりするので、おそらくその中間を我々は目指すべきでしょう。
幾つかの異なるキャラクターと、そして髪型や肌の色と言った幾つかの属性を設定するでしょう。
5th January 2011 原文

2011/01/04 コンペティションの今後の改善

元ネタはDev-blogですが、全部が全部このまま来るかは分りません(笑

  • ユーザ作成のコンペティション機能
誰もが数人の友人と一緒に、em$を求めてコンペティションのステージを持つことができます。
  • 複数の獲物を含んだコンペティション
  • セッションベースのコンペティション
例:4つの異なる時間を通して週をかけて行われるコンペティション
  • コンペティションの登録
デフォルトで、好きなコンペティション(通常の)の参加を事前に登録しておくことが可能になります。
  • ゲーム内のleaderboardを見やすく改善
これはゲームエンジンのアップグレードした際に、ユーザインターフェース改善一部として行われます。
  • ウェブサイトleaderboard機能の改善
これはブラウザからloginしてみるleaderboard機能の改善だと思います
  • エリアに特化したコンペティション

2010/12/23 The tree stand will be released in the second half of January

来月に登場するするツリースタンド(移動式)
任意の樹木に登り、待ち伏せしてハンティング出来るようになります

Status Update - 22nd December 2010

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|