※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鍵山秀三郎

鍵山 秀三郎(かぎやま ひでさぶろう、1933年8月18日 - )は、株式会社ローヤル(現 イエローハット)の創業者。結構いい人、偉い人。

略歴

  • 1933年 - 東京都に生まれる。
  • 1952年 - 岐阜県立東濃高等学校を卒業。
  • 1953年 - デトロイト商会に入社。
  • 1961年 - デトロイトを退社、ローヤルを創業、社長に就任する。
  • 1998年 - 社長を退任、相談役に就任する。
  • 2008年 - 同相談役を辞任。

鍵山氏とトイレ掃除

  • 自動車部品卸売会社ローヤル(後のイエローハット)を創業。
    • 工場→卸売→小売→消費者
    •    ↑これをやる会社
  • 当時、小売店はローヤルから少しでも安く仕入れるために、ローヤルの社員に対して罵詈雑言誹謗中傷を浴びせていたため、ローヤルの社員たちは仕事が終わって会社に戻ってくると心が折れていた。
  • そんな社員たちを見て、自分に何か出来ることはないかと考えた鍵山氏は、毎朝会社のトイレを掃除し始めた。
    • 鍵山氏は、便器を素手で掃除した。便器でビールを飲めるくらいきれいにしたという。
  • 鍵山氏と一緒に、自発的にトイレ掃除を行う職員も出てきた。
  • 3年ほどそれを続けていると、徐々に小売店の人たちの対応も改善し、会社の業績も向上した。
  • ローヤルの社名をイエローハットと改め、卸売と小売、両方の業務を行うことにした。
  • 鍵山氏は会社経営の傍ら、トイレ掃除普及運動にも尽力。

思想

1.謙虚な人になれる
どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることはできない。人間の第一条件は、まず謙虚であること。
謙虚になるための確実で一番の近道が、トイレ掃除です。

2.気づく人になれる
世の中で成果をあげる人とそうでない人の差は、無駄があるか、ないか。無駄をなくすためには、気づく人になることが大切。
気づく人になることによって、無駄がなくなる。
その「気づき」をもっとも引き出してくれるのがトイレ掃除。

3.感動の心を育む
感動こそ人生。できれば人を感動させるような生き方をしたい。 そのためには自分自身が感動しやすい人間になることが第一。
人が人に感動するのは、その人と手と足と体を使い、さらに身を低くして一所懸命取り組んでいる姿に感動する。
特に、人のいやがるトイレ掃除は最高の実践道場。

4.感謝の心が芽生える
人は幸せだから感謝するのではない。感謝するから幸せになれる。その点、トイレ掃除をしていると小さなことにも感謝できる 感受性豊かな人間になれる。

5.心を磨く
心を取り出して磨くわけにいかないので、目の前に見えるところを磨く。
特に、人の嫌がるトイレをきれいにすると、心も美しくなる。
人は、いつも見ているものに心も似てくる。

NPO法人 日本を美しくする会 掃除に学ぶ会 公式ウェブサイトより
http://www.souji.jp/Menu-2.htm