災害救助犬神奈川の[捜索協力]に関するご質問

Q: 行方不明者の家族などが、警察や消防を通さず、直接、捜索協力を依頼できますか?
A: できます。
行方不明者の方のご家族、関係者からの捜索依頼にも応答します。
ただし、現場での混乱を避けるために、ご依頼は必ず代表者や責任者の方からお願い致します。
また、警察や消防など、捜索に当たっている関係機関に対して、災害救助犬神奈川の捜索協力を依頼したことをお知らせいただく必要があります。

Q: 捜索協力をお願いした場合の謝礼や費用は、どのくらいかかるでしょう?
A: 謝礼や費用は必要ありません。
災害救助犬神奈川は、ボランティアとして活動しています。救助犬による捜索協力にあたって、依頼者に対して、謝礼や費用の負担をお願いすることはありません。

Q: 神奈川県外であっても、捜索をお願いできますか? どのくらい遠くまで大丈夫?
A: 神奈川県の内、外にかかわらず応答します。ご協力の可否は、距離ではなく、行方不明状況などから総合的に判断します。
ご依頼時に聞き取らせていただいた情報をもとに、救助犬がお役に立てるかどうかを総合的・多角的に判断させていただきます。
行方不明の状況、場所、環境等によっては、出動してもお役に立てないケースがありますので、その場合は、残念ながらその旨お伝えします。

災害救助犬神奈川の[捜索作業]に関するご質問

Q: 救助犬が行方不明者を捜す時、不明者当人の匂いのサンプルは必要ですか?
A: 匂いのサンプルは必要ありません
災害救助犬は、特定の人物の匂いを捜すのではなく、空気中に漂っている、「人間に共通の匂い」を捜し求めます。そのため、対象者の匂いのサンプルや足跡の痕跡がなくとも捜索作業を行うことができます。

Q: すでに大勢の捜索隊が入った場所を捜すことができますか? たくさんの足跡の匂いなどが邪魔になるのでは?
A: できます。足跡の匂いは邪魔にはなりません。
災害救助犬は、空気中に漂う「人間に共通の匂い」を探し求めるため、地面に残された足跡が犬の捜索作業を妨げることはありません。

Q: 行方不明発生からどのくらいの時期まで、救助犬の捜索をお願いできますか?
A: 行方不明状況によって異なります。
行方不明者の捜索は、早く始められれば早いだけ、生存発見の可能性が高くなるものです。そのため、捜索協力のご相談はできるだけ早いうちにいただくに越したことはありません。
どのくいらの時期までご協力が可能か、ということについては、行方不明状況などにより異なりますので、個別にご相談させていただいております。